*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結婚11周年記念旅行 ~ぐるり南伊豆1周(後編)の巻~
さぁさ、大変長らくお待たせいたしました!伊豆旅行レポもいよいよ今回が最終回です。
いや~、書いている本人が「長かったな~」と思うくらいですから、
読んでいるみなさんは「まだ終わらないの?」と思われているかもしれませんね。
ま、今日1日だけお付き合いください。

「B DECK CAFE」でお昼を食べてから下田市街に戻り、まだ時間があったので
ダンナ様が大好きな道の駅に行ってみました。それが「道の駅 開国下田みなと」です。
伊豆旅行24
道の駅 開国下田みなと http://www.kaikokushimodaminato.co.jp/index.htm

ここには海産物や農産物など、地元の名産品を取り扱っているお店や
獲れたてのお魚をネタとして出している回転寿司屋さん、下田の歴史や自然を紹介する
「ハーバーミュージアム」などがありました。
ここで実家やいつもおせわになっている方のお土産を購入。
気がついたら、荷物が夫婦2人では手で持ち切れないほどのすごい量に!(気付くの遅っ!)
「何かの時の為に」と思って家から持ってきていたエコバックも使って荷物をまとめ
なんとか2人で担いで東京まで持ち帰れるようにしました。

ここからペリー提督が乗っていた黒船を再現した遊覧船に乗って下田港内を
1周できるそうです。今回は時間の関係上カットに。
伊豆旅行25

この時点で午後3時。ビミョーに時間が中途半端だったので、朝コンビニで買った
ガイドブックを見て、近場でどこかいい場所がないか探してみました。
すると、道の駅から車で10分ほどの所に野水仙の群生地があることが判明しました。
シーズンは12月下旬~2月上旬とのことでしたが、ドライブの途中で道の脇に
水仙が咲いているのをよく見かけたので、とりあえず行ってみることにしました。

こちらがその野水仙の群生地がある「爪木崎」です。
伊豆旅行26

まずは岬の先にある爪木崎灯台までぶらぶら歩いてみることに。
この日はとってもお天気が良くて昼間は長袖では暑過ぎるくらいだったのですが、
車を降りたらとにかく海風が強くて、しかも夕方になって日が傾いてきたので
コートがないと寒いくらいでした。

でも、夕暮れの海も夕陽が海面にきらきらと輝いてなかなか雰囲気があって
素敵ですよね。これで風が強くなければもっと良かったけど。(^^ゞ
伊豆旅行27

歩いて10分ほどで爪木崎灯台に到着。灯台の真下から見上げて写真を撮ってみました。
伊豆旅行28 伊豆旅行29

そして、灯台の下にはこんなゆるキャラが。海上保安庁のマスコット「うみまる」です。
伊豆旅行30

灯台のある丘を下ると、そこには野水仙の群生地が広がっていました。
伊豆旅行31 伊豆旅行32

やっぱりまだシーズン前ということで、咲いていたのは全体の1割程度でした。
ここには約300万本もの水仙が自生していて、シーズンともなると丘の斜面が
野水仙で真っ白になるそうです。
毎年12月20日~1月31日には「水仙まつり」が行われ、露店なども出て賑わうそうですよ。

駐車場の側にあった「爪木崎花園」の温室にも立ち寄ってみました。
伊豆旅行33 伊豆旅行34

でも、ワタクシ、温室のあの蒸し暑さと草木がうっそうとしているところと
独特な臭いがあまり好きではないんですよね~。
一応、ダンナ様に付き合って入ってみましたが、寒い所からいきなり暑い温室の中に
入ったので眼鏡がくもるぅ~っ!温室の温度計を見たら28℃もありました。
温室の中は熱帯のジャングルに生えている大きな木の葉っぱで少し薄暗くて
その雰囲気とむわ~っとした熱気に我慢できず、3分も経たずにギブアップ。
ダンナ様を置き去りにして温室を出てきてしまいましたよ。(^^ゞ

かろうじてバナナがなっているところは見ることができましたが・・・。
(写真はダンナ様が撮ってきてくれました。)
伊豆旅行35

こんなところで伊豆旅行もそろそろタイムアップ。思いっきり南伊豆を満喫してきました。
そう言えば、爪木崎に行く途中、やけに警備が厳重なお屋敷の横を通りました。
「ここって何があるんだろうね~?」とダンナ様と話していたのですが、
後で調べたら、天皇ご一家がご静養にいらっしゃる「須崎の御用邸」でした。
よくテレビのニュースで聞いたことのある「須崎の御用邸」でしたがここだったんですねぇ。

そんなわけで、1泊2日の結婚11周年旅行は無事に終了~♪
よく考えてみたら、ダンナ様とお泊まりで旅行に行ったのは結婚してから初めてでした。
町田に引っ越してきて、今の家を買ってすぐにみーちゃんを飼い始めたので
なかなか泊まりがけで旅行に行かれなかったんですよ。
そんなみーちゃんも8歳になり、私達もだいぶみーちゃんの扱いがわかってきたので
今回は餌を多めに置いてお留守番をしてもらうことにしました。
旅行中もちょっと心配でしたが、みーちゃんもちゃんとお留守番していてくれましたよ。
お陰様でとても思い出深い旅行になりました。

これで伊豆旅行のレポはすべて終了~♪みなさん、お疲れ様でした!m(_ _)m
そして、長い間このレポにお付き合いいただきましてありがとうございました!

【おまけ】
「道の駅 開国下田みなと」で見つけた看板です。これも一種の「ゆるキャラ」かな?
しかも、「伊豆」の「豆」は「づ」じゃないよね?ちょっぴり哀愁が漂っていました。
伊豆旅行36 伊豆旅行37

伊豆旅行38

スポンサーサイト

tag : 伊豆 下田 道の駅開国下田みなと 須崎 爪木崎 野水仙

結婚11周年記念旅行 ~タカアシガニが食べられるイタリアンのお店の巻~
伊豆旅行のレポも残り2回で終了する見通しとなりました。
長い間このレポにお付き合いくださったみなさん、ありがとうございます!m(_ _)m
あと2回ですので、もうしばらくお付き合いくださいね。

実は、この旅行へ行く前に少し伊豆のお店の下調べをしておいたのですが、
下田にちょっと行ってみたいレストランがありました。
それがはまぐりを買った南伊豆町の直売所の近くにある「B DECK CAFE」という
イタリアンレストランです。
B DECK CAFE1

B DECK CAFE2 B DECK CAFE3
 B DECK CAFE http://www.koisomaru.com/cafe/index.cgi

このレストランでは12月から2月の間、足が長くて大きい「タカアシガニ」の
ピザやパスタが食べられるんです。
でも、私達が行ったのは11月の最後の週末。まだ12月には入っていなかったので、
旅行に行く前日にお店に電話をして聞いてみました。

  「あの~、今週末にお店に行ったらタカアシガニは食べられますか?」
  「漁の解禁日が12月からなので、今週末は無理ですね~。」

あらら・・・残念。でも、HPを見たら他のお料理もおいしそうだったので
立ち寄ってみることにしました。

お店の中は木のテーブルと椅子が並んでいて明るい雰囲気。
ガーデンテラスがあって、庭の芝生がとても気持ち良さそうでした。
このお店のオーナーさんが漁師さんで、釣りたての魚介類を料理してくれるそうです。
若いシェフと奥さん(かな?)がお店を切り盛りしているみたいでした。

まず、ダンナ様は「真いかのぺペロンチーノ」をオーダー。
一口食べさせてもらいましたが、いかはとってもやわらかくて、麺はちょうどいいアルデンテ。
ガーリックの香りとちょうどいい塩加減でおいしかったです。
B DECK CAFE4

私は「シーフードリゾット」をオーダーしました。
あさり、いか、ムール貝などなど、いろんな魚介類のだしがお米によく染みていて
それに溶けたチーズが絡んで、私が今まで食べたリゾットの中で1番おいしかったです。
食べている間、「おいしい!」を連発しちゃいましたよ!
B DECK CAFE5

それから、「シーフードピザ」をダンナ様と2人で半分こしました。
このピザもいろんなシーフードがのっていて、生地は中はもちもちで、
下の方はパリッとしていて、ちょっとお腹がいっぱいでも軽く食べられました。
B DECK CAFE6

私達が食事をしている間に他のお客さんが来て、「タカアシガニはあるか?」と
尋ねていました。下田では「タカアシガニが食べられるお店」として有名みたいです。
あ~、あと1週間遅く行ってたらタカアシガニが食べられたかもなぁ・・・。
ま、しょうがないです。次回に期待しましょう!

さて、次回はいよいよ伊豆旅行レポの最終回!須崎・爪木崎方面に向かいます。

B DECK CAFE (カフェ / 伊豆急下田)
★★★★ 4.5


tag : 伊豆 下田 B_DECK_CAFE イタリアン タカアシガニ

結婚11周年記念旅行 ~直売所ではまぐりを買うの巻~
12月に入って、なかなか更新できなくてスミマセン。。。m(*- -*)m
月曜日の午後からなんとなく体がだるくて、この日はフレックスで2時間早く
あがらせてもらって帰って早めに休んだのですが、次の日になったら喉が痛くて
熱を測ったら37.3℃ありました。
咳や鼻水、寒気などはなかったので、無理して会社に行こうと思えば行けたのですが、
今週後半から仕事が忙しくなるので、その時に風邪をこじらせて休む方が余計に
迷惑がかかるな~と思い、昨日は会社をお休みして病院に行ってきました。

かかりつけの病院で先生に診察をしていただいたところ

  「あ~、だいぶ喉が腫れてるね~。」

と言われ、抗生物質とたんを出やすくする薬を処方してもらいました。
家に帰ってすぐ薬を飲んで、みーちゃんと一緒に横になって休んだら
今日になったらだいぶ良くなっていました。(まだ喉はちょっと痛いんですけどね。)
それにしても、最近喉が弱くなったような気がします。
これから寒くなるとますます空気が乾燥するようになるので、きちんと喉を
いたわりたいと思います。みなさんも風邪にはくれぐれも気を付けてくださいね!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

それでは、伊豆旅行のレポの続きとまいりたいと思います。
下田に戻る途中、弓ヶ浜にある「伊豆漁業協同組合南伊豆支所直売所」に
立ち寄りました。(県道16号線沿いにあります。)
伊豆旅行19

やっぱり伊豆まで来たら何かしら「海の幸」は買って帰りたいですよね~。
この直売所には南伊豆町の10の港から新鮮な魚介類が運ばれてくるそうです。
でも、行った時間がお昼を少し回っていたので、思っていたほどたくさん
魚はありませんでした。
伊豆旅行21
伊豆旅行22

いけすの中には大量の伊勢海老!
でも、私は祖父が田舎の新島に行くとお土産で伊勢海老を持って帰ってきてくれるので
普通の人よりも「おお~~っ!」という感動があまりないんですよね~。
伊豆旅行20

直売所には活きた魚介類の他にも干物や加工食品も売っていたのですが、
どれもいまいち「これだっ!」というものがなく・・・。
第一、車で持って帰るわけでもなく、クーラーボックスも持ってきていないのに
新鮮な魚介類を買って帰ろう!という方が無茶な話です。

で、結局、はまぐりを袋に保冷剤を入れてもらって持って帰ることにしました。
しかも1kgじゃなくて4つだけ。(^^ゞ 夫婦2人じゃ1kgもいりません。
伊豆旅行23

買ってきたはまぐりは帰ってからお吸い物にしていただきました。
はまぐりから出るだしがとても優しくて、お腹がほっとする味でした。
でも、今考えてみると、あと4つくらい買って焼きはまぐりとかにすればよかったかな?

では、次回は下田で見つけたおいしいイタリアンのお店を紹介したいと思います。

tag : 伊豆 下田 弓ヶ浜 伊豆漁業協同組合南伊豆支所直売所 はまぐり

結婚11周年記念旅行 ~ぐるり南伊豆1周(前編)の巻~
さて、伊豆旅行レポも中盤に差し掛かってまいりました。(長くてスミマセン。
伊豆高原の素敵なホテルを満喫した私達は伊豆急行に乗って一路終点の伊豆急下田へ。
私達が乗った電車はリゾート21「黒船電車」という展望列車でした。
この電車は下田に来航したペリー提督率いる黒船に見立てて黒色に塗装された電車で
黒い列車は全国的にも珍しいんだそうです。
伊豆旅行6 伊豆旅行7

電車内は海側の席が大きな窓に面していて、東伊豆の広大な海を一望することができます。
伊豆旅行8

この日は朝から最高にいいお天気で、雲1つない真っ青な空と真っ青な海!
本当に素晴らしい眺めでしたが・・・直射日光が眩しくて日差しが強かった~。
伊豆旅行9

途中で海の向こうに伊豆大島をはっきりと見ることができました。
伊豆から大島って思ったより近いんですね。遠くに利島も見ることができましたよ!
伊豆旅行10

伊豆高原から伊豆急下田までは約40分ほどで到着しました。
伊豆急下田駅でレンタカーを借りて、とりあえず南伊豆をぐる~っと1周してみることに。
まずは国道136線を下賀茂温泉方面に向かって走らせてみました。

最初は下賀茂の熱帯植物園に行く予定でしたが、その前に
「道の駅 下賀茂温泉湯の花」があったので、そちらに立ち寄ることにしました。
伊豆旅行11

この道の駅には足湯もあったのですが、まず先に向かったのは地元の農産物が
販売されている直売所。ダンナ様は「直売所」には目がないんです。
伊豆旅行12

直売所には地元で獲れた野菜や果物、魚介類などが豊富に並んでいました。
これから電車で町田まで帰るというのにガンガン買い物かごの中に野菜や果物を
入れていくダンナ様。(ま、いつものことなんですけど・・・。)

  「これから電車で帰るのに、そんなに買っても持って帰れないよ。
  「大丈夫だよ。おにいちゃん(ダンナ様)が全部持って帰るから。」

ま、ダンナ様が持って帰るならいっか・・・ってそういう問題じゃないっ!
私は家でほとんど果物を食べないので、基本的にダンナ様が買ってきた果物はすべて
ダンナ様が消費するのですが、「ホントに1人で食べきれるの?」というくらいの
みかんやキウイなどを買っていました。(これもいつものことなんですけど・・・。)

直売所の脇にかわいいお地蔵さんを発見しました。なんだかすごくご利益がありそう♪
伊豆旅行13

大量に買った農産物を車のトランクに載せ、車は国道136号線を海の方へ。
途中、「これ、本当に国道!?普通の生活道路じゃん!」と思うような細い道を通りました。
差田から県道16号線に入り、峠のトンネルを抜けると「入間」という看板が。

  「そこ!そこの道に入って!」

ダンナ様に言われるままに長くくねった坂を下ると、そこには小さな漁港と
砂浜がありました。ここが「入間」と呼ばれる集落のようです。
伊豆旅行14

車を降りると砂浜の先に見える突堤に何人かの釣り人がいるくらいで
砂浜にも集落にも人が全然見当たらないとても静かな所でした。
こういう所へダンナ様は来たかったみたいです。
伊豆旅行15

本当に久しぶりに砂浜を歩いてみました・・・が!
私の体重が重過ぎるのか、歩くたびに足が砂に埋もれてめっちゃ歩きにくいっ!
せっかく今回の旅行のために買ったおニューの靴が砂だらけになるのは嫌だったので
裸足になって歩きました。私が歩いた後は砂浜が穴だらけに・・・。
でも、この浜の砂はすごくさらさらしていて、裸足で歩くととても気持ち良かったです。

少し歩いて突堤の方まで行ってみました。
この先には「千畳敷」という岩畳があるそうなんですが、今回は時間と体力の関係で
断念しました。今度来た時にリベンジしたいと思います。
伊豆旅行16

磯辺を思いっきり楽しんだ私達はまた車に乗って石廊崎方面へ。
先程下ってきた坂の途中にアロエ畑があって、アロエが赤い花を咲かせていました。
アロエってこんな風に花を咲かせるんですね~。
伊豆旅行17

途中、「あいあい岬」という岬で車を降りて、ここからの景色を眺めました。
来ている人も少なくてとても素敵な眺めでした。でも、ちょっと風が強かったかな?
伊豆旅行18

入間とあいあい岬で海の景色は堪能したので、今回は石廊崎灯台には立ち寄らず
ひとまず下田方面に戻ることにしました。
スミマセン・・・今日は遅くなったので、この続きはまた次回ということで。m(_ _)m

tag : 伊豆 下田 下賀茂温泉 道の駅 入間 千畳敷 あいあい岬

結婚11周年記念旅行 ~サプライズ・ディナーの巻~
伊豆旅行レポ3回目の今日はホテルでいただいたディナーについてお話ししますね。

正直なことを言いますと、ホテルへ行く前に「萬望亭」で地魚料理を食べていたので、
ディナーの時間にはあまりお腹がすいていませんでした。
だから、ホテルにはコースディナーをお願いしていたので、
あまりお料理の量が多いと食べきれないな~なんてちょっと心配していたんです。

ディナーはホテルのガーデンレストラン 「Pelesir」でいただきました。
照明が落とされたとても雰囲気の良いレストランの窓側の席に案内され、
窓から見える庭はきれいにライトアップされていました。

まず最初はオードブル。
写真左上から時計回りで「スズキとトマトのミルフィーユ」「エスカルゴブリオッシュ」
「ムール貝の香草パン粉焼き」「海老にら春巻き」「むかごと抹茶塩」
「海月コラーゲン寿司」「秋しめじ」、真ん中のソースは「マンゴーチリソース」です。
Anda Resort23

エスカルゴ、海月、ムール貝、むかご・・・普段食べ慣れない食材で
「食べず嫌い」の私としてはかなりチャレンジャーなお料理でしたが
どれもとってもおいしかったです。
海月はこりこりしていて食感がとても良く、むかごはほっこりしていました。
真ん中の「マンゴーチリソース」は最初はマンゴーの甘さで、後からピリッと
チリの辛さが来ます。「海老にら春巻き」につけて食べたらとてもマッチしていました。

テーブルにはホテルで焼かれた焼きたてのパンが置いてありました。
下の写真のパンはヨモギのパンとくるみのパンです。
くるみのパンはほんのりと温かくて柔らかく、ほのかな甘みがおいしかったです。
後からウェイトレスさんがクロワッサンやいろいろなパンを持ってきてくれました。
もう少しお腹がすいてたらいろんなパンを試したかったんですけどね・・・。
Anda Resort24

次はお刺身。この日のお刺身は「ズワイガニ」「炙りタコ」と伊豆で獲れたお魚
(何のお魚か忘れちゃいました。スミマセン。m(_ _)m )でした。
カニが大好きなダンナ様はかなりご満悦のご様子でした。
Anda Resort25

お次はスープとサラダです。
「トマトのクリームスープパイ包み」と「胡桃といんげんとりんごのサラダ」です。
ウェイターさんに「今年のボジョレー・ヌーボーは出来が良くて、軽くておいしいですよ」と
薦められたので頼んでみました。(ボジョレー・ヌーボーなんて飲んだの初めてダヨ。)
Anda Resort27

普段、あまりワインを飲む機会がない私。

  「ボジョレーって飲んだことがないから、どう違うかイマイチわかんないね~。」

なんて話をしていたら、ウェイターさんが絶妙のタイミングで

  「こちら、このホテルで普段お出ししているワインですので
    飲み比べてみてください。」


と、飲み比べ用のワインを持ってきてくださいました。
飲み比べてみたら、確かに口当たりはボジョレー・ヌーボーの方が軽かったです。
・・・でも、正直言うと、普段ホテルで出しているワインの方が私的にはおいしかったです。

お次は魚料理。「舌平目とホタテのムース バナナリーフ蒸し」です。
白いココットに入っているソースは「伊勢海老のソース」です。
ヒラメとホタテの周りにパイのような生地が巻かれていて、伊勢海老のソースを
つけて食べると口の中が海の幸でいっぱいになりました。
一緒に添えられていた「えびせん」がちょっと嬉しかったです。
Anda Resort28

そして、本日のメインディッシュの肉料理。「牛ロースのブーニャ風」です。
ソースは「ベーコン入りトマトソース」。ウコンライスが添えられていました。
Anda Resort29

この肉料理を出された時、ダンナ様と2人で思わず言っちゃいました。

  「こんなステーキ食べるの、何年ぶりだろ~!」

本当に久しぶりに「牛肉」を食べました。(普段、家ではほとんど豚肉なので・・・。)
お肉は柔らかくて、一口一口味わいながらいただきました。

すると、ここで急に照明が暗くなり、私達のテーブルにケーキが運ばれてきました。
Anda Resort30

  「記念日を迎えられたお客様、おめでとうございます!」

そうアナウンスがあると庭では花火があがり、周りから拍手が起こりました。

・・・実は、私がこのホテルを予約した時、ホテルのパンフレットに
「記念日のお客様にはアンダから心ばかりのサプライズをご用意させて頂きます。」と
書かれてあったので、「結婚11周年の記念で行きます」と連絡をしておいたんです。
そのサプライズがこのケーキというわけです。

もちろんダンナ様にはこのことは内緒にしておいたので、

  「なんで11周年だって知ってるの!?」

と驚いていましたが、すごく嬉しかったみたいです。
サプライズをお願いした当の私もちょっと感激してしまいました。
あ、ちなみにケーキはレアチーズだったので、チーズケーキがダメなダンナ様の代わりに
私が責任を持って完食させていただきました♪

最後はデザートです。
上から時計回りで「レモンジュレ」「ショコラケーキ」「茜寒天」「モンブラン」
「本日のフルーツ(この日はあんずでした)」「クッキーシュー」です。
Anda Resort31

サプライズのケーキを食べてすぐだったので「食べられるかなぁ?」と思いましたが
すべてのデザートがプチサイズだったので大丈夫でした。
ディナー前の不安をよそに、すべてのお料理をおいしくいただくことができました。
たぶん私が今まで経験した中で1番素敵なディナーだったと思います。
とても素敵なお料理と雰囲気を作り出してくださったレストランのスタッフさん達に感謝です。

次回は話題を伊豆高原から南伊豆へ移動します。

【おまけ】 ホテルの中で出会ったかわいいにゃんこ達ときりんさんです。
Anda Resort32 Anda Resort33
Anda Resort34 Anda Resort35
Anda Resort37 Anda Resort38
Anda Resort36 Anda Resort39

tag : 旅行 伊豆高原 AndaResort ディナー にゃんこ

結婚11周年記念旅行 ~心安らぐ「かえるの宿」の巻~
スミマセン。3日もブログの更新をお休みしてしまいました。。。m(_ _)m
実は我が家で大事件が起きまして、ちょっと(と言うかかなり)動揺してしまい
ブログを書こうにも言葉が出てこなくて、書く気になれませんでした。
(この件についてはこの旅行話が終わってからお話ししますね。)
あ!でも、今はなんとか前向きに頑張っていますのでご心配なく!(^O^)/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今日は伊豆旅行レポの2回目、私達が宿泊したホテルについてお話ししたいと思います。
今回私達がお世話になったホテルは伊豆高原駅から歩いて10分ほどのところにある
「Hotel & Spa Anda Resort 伊豆高原」です。
Anda Resort1
Hotel & Spa Anda Resort 伊豆高原  http://www.andaresort.jp/index.html

バリ島をイメージしたこのホテルは玄関から南国ムードがいっぱいです。
Anda Resort2 Anda Resort3

玄関を入るとほのかにお香のいい香りがして気分をリラックスさせてくれます。
フロントの方に「お帰りなさいませ」と挨拶され、「ここ、初めてなんだけどなぁ・・・。」と
心の中で思いながらチェックイン。
フロントの方が貸切風呂の予約やホテルの説明をとても親切丁寧にしてくださいました。

今回泊まった部屋もバリ風の落ち着いた洋室。
でも、ベッドではなく板の間に敷かれた布団が嬉しかったです。(やっぱり日本人ダワ。)
ダンナ様は少し疲れたのか、部屋に入ってから1時間ほどごろんと横になっていました。
Anda Resort4 Anda Resort5

ダンナ様が休んでいる間、私はホテルで借りた作務衣を着てお風呂がてら
ホテルの中を探検!
まず私達の部屋のすぐ側にあったのがたくさんのマンガや本が置いてあるライブラリー。
ライブラリーにある椅子に座って読んでも、部屋に本を持って行って読んでもいいそうです。
Anda Resort6

1階のロビーもバリの雰囲気でいっぱい。大きな窓で解放感もあります。
ロビーにはビリヤード台やオセロゲーム、パソコンも2台設置されていました。
Anda Resort7

この「Anda Resort」には大浴場の他に3種類の貸切風呂があるそうです。
でも、まずはオーソドックスに地下にある大浴場に行ってみました。
(お風呂はさすがに写真は撮れなかったので、HPでどのようなお風呂かご覧ください。)
広いお風呂に大きな窓の外には滝が流れていて、窓を開けると秋の涼しい風が気持ちよくて
外のもみじが赤く色づき始めたのを見ながらまさに極楽気分♪
あ~、こうやって足を思いっきり伸ばせる広いお風呂に入るのって何年ぶりだろ・・・?
このお風呂の泉質は「ナトリウム塩化物硫酸塩泉」。お湯が柔らかい感じがしました。
お風呂から上がった後はマッサージチェアで全身を揉みほぐして日頃の疲れを
癒しまくりました。

お風呂の後はお待ちかねのディナータイム。これがもうとにかく最高に良かったんです!
ディナーについては明日別枠でお話ししますね。

ディナーの後はダンナ様と一緒に貸切のバリ風展望風呂へ。
ダンナ様と温泉に行くと大抵男女別々になってしまうので(当たり前だけど)
つまんないんですよね~。
だから、そういう意味では「貸切風呂」っていいですよね!
この日はボジョレー・ヌーボーが解禁されたということで「ワイン風呂」になっていました。
浴室いっぱいにワインの香りがして、長風呂してたら酔っ払っちゃいそう。
ワインの効果なのか、お風呂から上がった後もしばらく暑くて汗が止まりませんでした。

実はこのホテルにはカラオケもあるんです。しかも、カラオケルームが8部屋も!
そんなわけで、ワイン風呂の後はカラオケで熱唱!
そして、その後はレストランで行われるバータイムで軽くお酒とおつまみをいただきました。
Anda Resort8 Anda Resort9

外の森がきれいにライトアップされていました。雰囲気だけでも酔えます。(笑)
Anda Resort10

旅行に行くと、夜は食事が終わってしまうとお風呂以外あまりやることがなくて
テレビも地方だとチャンネルや番組が違ったりして、意外とつまらなかったりしますよね?
でも、この「Anda Resort」は遊び所が盛りだくさんで、時間が経つのを忘れてしまいます。
しかも、貸切風呂もカラオケもバータイムの夜食もすべて料金に含まれているんです。
さらに!ディナータイムとバータイムの飲み物はフリードリンク!
部屋の冷蔵庫の飲み物(ビール・ウーロン茶・缶コーヒー)もウェルカムドリンクとして
無料なんです。
ホテルのスタッフさんの対応もきめ細やかで、すっかり気に入ってしまいました。
この日はお腹も心も大満足のうちに就寝。。。

翌日、朝起きてカーテンを開けると、伊豆の海が朝日できらきら輝いていました。
少し早めに起きて、昨日の大浴場で朝風呂に入り、朝ご飯を食べにレストランへ。
ワタクシ、普段は朝ご飯を食べないのに、ホテルの朝食のメニューは大好きなんです!

こちらは和食のメニュー。この他にバイキングで洋食やサラダ、パンなどを
取ることができます。
Anda Resort11

私のホテルの朝食メニューで1番好きなのがスクランブルエッグ!
家で作るのと違って、ホテルのスクランブルエッグはクリーミーでまろやかで
おいしいんですよね~♪
Anda Resort12

昨日の夜、ライトアップしていた庭は明るくなるとこんな感じです。
Anda Resort13

朝ごはんの後、チェックアウトの時間までホテルの外をぶら~っとお散歩してみました。
この「Anda Resort」は私達が泊まった本館の他に「バトゥール館」と「ロンボック館」という
別館があります。
Anda Resort14

まずは「ロンボック館」の「360°大パノラマ屋上展望台」に行ってみました。
Anda Resort15

さすが「360°大パノラマ展望台」というだけあって眺めは最高!
東伊豆の海を一望することができました。お天気の良い日は伊豆大島が見えるんだとか。
Anda Resort16

後ろには伊豆高原の有名な山、大室山がくっきり。
そう言えば、私、小学6年生の時に学校の移動教室で伊豆高原に来て大室山に
登ったんだよなぁ。
大室山って山頂には木とかが何もなくて、山頂をを歩く道が細くて歩くのが怖かったことしか
覚えてません。(^^ゞ あと、大室山の前にある「シャボテン公園」にも行ったなぁ。
Anda Resort17

こちらがもう1つの別館 「バトゥール館」。建物の造りが会社の保養所っぽかったので、
もしかしたら保養所を買い取って改装したのかなぁ・・・?
こちらの建物にはオープンカフェや結婚式を挙げられるチャペルなどがあるそうです。
時間がなくて建物の中を見られなかったのが残念。。。
Anda Resort18

ところで、このホテルの中には至る所に「石のカエルの置き物」が見られます。
ダンナ様曰く「カエル帝国」です。(笑)
バリ島では黒や緑に苔むしたカエルは演技が良いと言われているそうですよ。
Anda Resort19

お散歩をしていたら、電線をすばしっこく走るリスを発見!
Anda Resort20

ここでこのリスに会えたのは運が良かったらしいです。(*^^)v
猫の「ロンちゃん」には会えなかったけど。家でお留守番しているみーちゃんのことも
思い出したけど。
Anda Resort21

本館の裏にはホテルが栽培している「果実農園」がありました。
いろいろな種類のみかんやゆず、変わったレモンなどがたくさん実をつけていました。
ここで獲れた果実は貸切風呂で「みかん風呂」としてお湯に浮かべることもあるそうです。
Anda Resort22

チェックアウトの時にはホテルのスタッフさんに袋いっぱいみかんをいただきました。
今回は会社のお友達の結婚式の2次会でビンゴの景品として宿泊券が当たった為に
行ったホテルで、正直ここまで対応の良いホテルだとは思っていませんでした。
とにかくホテルのスタッフさんの接客態度がみなさん本当に心がこもっていて
とても居心地良く滞在することができました。お友達とホテルのスタッフさん達に感謝です。
私の中では今まで宿泊したホテルの中でダントツの3つ星クラスのホテルです。
今度は観光がメインじゃなくて、このホテルで1~2日のんびり過ごすために泊まりたいなぁ。

さて、次回はとにかく最高だったホテルのディナーについてお話ししたいと思います。

tag : 伊豆高原 ホテル AndaResort

結婚11周年記念旅行 ~「萬望亭」で地魚料理の巻~
さてさて、それでは昨日の予告通り、先週末行ってきた伊豆旅行のレポの
はじまりはじまり~♪

1日目(11月27日(金))、行きは横浜から「スーパービュー踊り子」号に乗って
一路ホテルのある伊豆高原へ向かいました。
旅行の前日に座席の予約を入れたので海側の座席ではありませんでしたが、
窓が大きくて眺めはとても良かったです。さすが「スーパービュー」だけのことはある!
横浜から伊豆高原までは約2時間ほどで到着しました。
伊豆旅行2 伊豆旅行3

伊豆高原駅もクリスマスムードが漂っていました。
伊豆旅行4 伊豆旅行5

駅からホテルに行く前にちょっと寄り道。
ダンナ様のリクエストで国道135号線沿いにある地魚料理のお店 「萬望亭」に行きました。
萬望亭1
 伊豆高原 大海料理 萬望亭 http://www.manboutei.com/

実はこちらのお店では珍しい「マンボウのお刺身」が食べられるそうなんです!
でも、私達が行った日は水揚げがされなかったそうで今回は食べられませんでした。
(「マンボウのお刺身」を食べたい方はお店に行く前に電話で確認した方がいいようです。)

「マンボウのお刺身」が目的で行ったお店だったので、ちょっと肩透かしを喰らった気分に
なりましたが、伊豆ならきっと他のお魚もおいしいはず!と気を取り直して
一品料理を注文することにしました。

 まずは「アジのお刺身」。身がぷりっとしていておいしかったです。
   やっぱり地元で獲れた新鮮なお魚は味が違いますね~♪(*^_^*)
萬望亭2

 こちらは「金目鯛の味噌焼き」。伊豆は金目鯛が名物らしいですね。
   金目鯛は身が甘くて、味噌の香ばしさが口の中に広がって、私はアジのお刺身よりも
   こちらの方を夢中になって食べてました。
萬望亭3

 そして「さざえのつぼ焼き」。
   私の祖父が伊豆七島の新島出身で、祖父が新島に行くとお土産で伊勢海老や
   さざえを持ってきてくれるので、子供の頃からさざえはよく食べていました。
   お醤油をちょろっとかけて食べるとおいしいんですよね~♪
萬望亭4

やっぱり伊豆はどのお魚を食べてもはずれはありませんでした。
旅行のしょっぱなから思う存分地魚を味わってきました。ごちそうさまでした!

明日は私達が今回お世話になったホテルをご紹介したいと思います。お楽しみに~!

萬望亭 (魚介料理・海鮮料理 / 伊豆高原)
★★★☆☆ 3.0



tag : 伊豆高原 萬望亭 アジ 金目鯛 さざえ

無事帰ってきました~♪
伊豆旅行1
ホテルの窓から見た朝日。空の色がとってもきれいでした。

昨日、伊豆旅行から無事帰ってまいりました~。
いやぁ~、「羽をのばす」ってこういうことを言うんだろうなぁ・・・というくらい
心も体もリフレッシュして帰ってきましたよ♪(*^^)v

お話ししたいことがてんこ盛りなんですが、話題も写真も盛りだくさんなので
明日から少しずつ小出しにしてご報告していきたいと思ってます。
なので、今日は明日からの仕事に支障が出ないように早めに休みます。
明日からのレポをお楽しみに!それでは、おやすみなさい。。。

tag : 伊豆 旅行

伊豆旅行当日!
つるのさんのトート&ポーチ
おはようございます!いよいよ伊豆旅行当日です。
今日は朝からドッピーカンな絶好の旅行日和!
昨日は夜中の2時近くまで準備をしていたので若干寝不足気味ですが
今日はホテルに移動するだけなので、向こうでゆっくりしたいと思います。

ところで、上の写真は今日旅行へ持っていくバッグです。
先日、つるのさんの感謝祭の時に買ったツアーのトートバッグとポーチです。
感謝祭でこのかばん達を見た時に「今回の旅行用に」と思って買いました。
デザインもかわいいけど、かばんの裏地の赤いチェック柄が気に入っています。

では、私もそろそろ出かける準備をします。
現地で更新できるかわかりませんが、時間があったら様子をお知らせしますね♪

tag : 旅行 伊豆高原 つるの剛士 トートバッグ ポーチ

伊豆へ旅行に行ってきます!
9月頃にこのブログでもお話ししたかと思いますが、
会社のお友達の結婚式の2次会のビンゴ大会で伊豆高原のホテルペア宿泊券が
当たりました。(*^^)v で、今週の金曜~土曜で行ってくることになりました。

出発が明後日に迫っているのですが、実はほとんど準備ができていません。。。
電車の予約もしてないし、どこを見て回るかも決まっていませんでした。
ま、今回の旅行はとにかく「のんびりしたい!」と思っていたので、
「ホテルでゆ~っくり温泉にでも入れればいいや~。」と呑気に構えていたんです。

今日の夜、ダンナ様とどこを見て回るか相談しました。
すると、ダンナ様は「あそこも行きたい!ここも行きたい!」とやたら要望が多いんです。
しかも、行きたい場所が伊豆半島全域に及んでいて、ダンナ様の要望を全部叶えてたら、
移動だけで1日が終わっちゃいそうな勢い・・・。
とりあえず、ダンナ様の希望を全部叶えるのは無理!と説得して
「絶対にやりたいこと」を絞ってもらいました。

今回の旅行でダンナ様が絶対やりたいことは
   タカアシガニが食べたい!
   深海魚とマンボウのお刺身が食べたい!
   波が打ち寄せる「磯」のような所に行きたい!

深海魚とマンボウのお刺身は今回泊まるホテルの近くにお店があるので
金曜日、ホテルにチェックインする前にお昼がてら食べに行くことにしました。
タカアシガニと「磯」は下田の方に行けばありつけそうなので
土曜日にレンタカーを借りて伊豆半島の先端を回ることになりました。
これで大体予定は決まりました。あとは電車とレンタカーの予約ですね~。

実は、私達が結婚してから夫婦で泊まりがけの旅行はほとんど行ったことがないんです。
だから、今回の旅行は結婚10周年のいい記念にしたいな~と思っています♪

「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!
 「東京ローカルページ」にも記事を掲載しています。
   よろしければこちらもチェックしてみてくださいね!

tag : 旅行 伊豆高原 下田

やっと日程決定!
ども、昨日は久しぶりに実家に帰ってのんびりしてきたたかぽんです。
今朝は母に車で会社まで送ってもらったのですが、車ってやっぱり楽ですねぇ。
今朝は雨だったし、渋滞するといけないと思って1時間前に実家を出たのですが、
道路が思ったよりすいていて20分で会社に着いてしまいました。
ま、おかげでゆっくりコーヒーを飲む時間ができたんですけどね。

さて、以前(9月の初め頃)、会社のお友達の結婚式の2次会で
ビンゴの賞品として伊豆高原のホテルの宿泊券が当たったお話をしたかと思います。

実はこのチケット、平日しか使えない上に有効期限が今年の12月初めまでなんです。
チケットをもらった時、ダンナ様と「もう少し涼しくなってから行こうね。」と
話していたのですが、その後、私もダンナ様も仕事が忙しくなり、
なかなか旅行の日程が決められなかったんです。(T_T)

先日、やっとダンナ様から

  「11月なら仕事もそんなに忙しくないから行けるよ。」

と、日程のメドを教えてもらいました。

でもですね・・・11月は私の仕事が大詰めで今月以上に忙しいこと確実なんです。
先日、「11月は一時帰休で毎週金曜日がお休みになる」ということを聞き、
「これはラッキー♪」と思っていたのですが、私の部署は通常通り出勤になるらしく・・・。

で、私の仕事の面倒を見てくださっている主任さんには以前「宿泊券が当たった」と
いうことをお話ししてあったので、先週、こっそり聞いてみました。

  「あの・・・例の旅行なんですけど、11月の初めと終わりだったら
    どっちが休んでも支障ないですか?」

  「月中じゃなければどっちでも大丈夫ですよ。」

でも、11月の初めだとやっぱり仕事が気になりそうなので、(それに、もう来週だし)
一応大きな仕事が一段落すると思われる11月の下旬にホテルを予約しました。
「いつ旅行に行こうか?」と内心とても気がかりだったので、日程が決まって一安心です。

今回の旅行はとにかくホテルで「の~んびり」したいです。

「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!
 「東京ローカルページ」にも記事を掲載しています。
   よろしければこちらもチェックしてみてくださいね!

tag : 旅行 伊豆高原

おおきに!大阪
さぁ、いよいよラストのミッションです。
今週1週間、大阪旅行について書いてきましたが、わずか1日半の滞在時間で
これだけの場所を回った私ってすご~い!・・・と思わず自画自賛です。

さて、ダンナ様の最後のミッションは・・・
「大阪の銭湯で『お風呂ドリンク』を探せ!」です。

私が子供の頃の「お風呂ドリンク」と言えば、やっぱりビンのコーヒー牛乳か
マミーですねぇ。実家の近所に銭湯があって、子供の頃はよく入りに行って
帰りにいつも親に買ってもらったもんです。
でも、ダンナ様が言うには大阪には東京で売っていない「お風呂ドリンク」が
あって、大阪の銭湯では今でもそれらが売っている・・・とのことなんです。

・・・というわけで、今回、お風呂はホテルで入らずに天満にある銭湯に
行ってきました。
まぁ、ホテルのお風呂はたいていユニットバスで狭いし、
1人で入ってると換気扇の「ゴォ~ッ」って音がなんか怖くありません?
ワタクシ、実は意外と臆病らしく、「シーン」としている所ってあまり好きでは
ありません。家でも1人でいる時はテレビをつけっぱなしにしています。
もちろん、大阪のホテルでも枕元のライトとテレビは一晩中つけっぱなしに
して寝てましたよ。

1日目はハレルヤシスターズのライブに「お風呂屋さんグッズ」を持って行き
ライブの帰りに天満に寄って、「楽天地温泉」という銭湯に行きました。
楽天地温泉1 楽天地温泉2

うわ~っ、銭湯なんて入るの何年ぶりだろう・・・?
いわゆる「スーパー銭湯」のように何種類かのお風呂があるような所は
我が家の近所にもあるのでよく行きますが、昔ながらの銭湯は本当に久しぶりです。

お風呂場には5~6人お客さんが来ていました。
久しぶりの銭湯だったので、お湯と水の蛇口が違うことを忘れていて
いきなりお湯を体にかけたら熱くてびっくりしてしまいましたよ。
それから、大阪の銭湯の湯船は真ん中が深くなっています。
私は身長が155cmなんですが、深い所は私の胸の下のあたりまで
お湯が来る位深いんです。東京の銭湯はそこまで深くないですよね?
銭湯も東京と大阪で違いがあることを知りました。

さて、お風呂に入ってさっぱりしたところで問題の「お風呂ドリンク」ですが、
見たところコーラやジュースなどあまり東京と変わり映えのない商品が
並んでいましたが、隅の方に東京では見慣れない緑のビンを発見!

それがこの「スコール」です!
スコール1 スコール2
ダンナ様のお土産用に2本買ってきました。
この「スコール」のビンと「かん袋」のくるみ餅の壺が重くて帰りは苦労しましたよ!
東京に帰ってきて、1本開けて飲んでみました。
味はカルピスソーダのちょっと炭酸の抜けたような感じでした。
ビンの後ろに「愛のスコール」って書いてあるのが面白いですよね?

そして2日目、東京に帰る前にも天満に寄って「クラブ温泉」という
銭湯に行ってきました。
クラブ銭湯 暗くてスミマセン。。。

ここには「ハイネス」と「ニューソーダ」というお風呂ドリンクがあるとのことでしたが、
探してみたところ、特に変わった飲み物はありませんでした。

この「クラブ銭湯」のお風呂には滝があり、打たせ湯のように
滝に当たることができます。私が行った時も滝に打たれている人がいました。

ここで面白かったのは、お風呂からあがって着替えている時に聞こえた
脱衣場で休んでいた大阪のおばちゃん達の会話です。

   1 「(阪神)新井の弟が中日にいるんやってなぁ。」
   2 「へぇ。そうなん。知らんかったわぁ。」
   1 「ほんで、こないだテレビに新井が出とって、弟に『阪神の試合の
      時はあんま打たんように』ってゆっとったわ~。」

   2 「今年調子いいのは○○と○○(←名前忘れた)やなぁ。」

大阪のおばちゃんはやたら阪神ネタに詳しいです。
やっぱり大阪の人は「阪神命」なんだなぁ・・・と実感しました。
その後、話題は「定額給付金」のことになり、

   1 「あれは絶対もらっとかな。」
   2 「そや。金持ちは『そんなもんいらん』とか言うてるらしいけど
      ウチらは貧乏人やもんなぁ!もらえるもんはもろうとかな。」


大阪のおばちゃん・・・面白い。おもしろ過ぎです!
大阪のおばちゃんパワーを間近で見ることができてなんかとっても嬉しかったです。

これでダンナ様から与えられたミッションはすべて終了です。
長い間大阪話に付き合ってくださって本当にありがとうございました!m(_ _)m
大阪は見どころ、食べどころ満載な所がコンパクトに集まっていて
1日半でも充分楽しむことができました。
それに、生で聞いた「おおきに~」という大阪弁がすごく暖かく感じました。

「ハレルヤシスターズのライブに行きたい!」という私のわがままから
始まった今回の大阪旅行。
ハレルヤシスターズと知り合わなかったら今回大阪に行くこともなかったでしょう。
そして、そんな私のわがままを快く許してくれたダンナ様。
ダンナ様がいろいろミッションを考えてくれたおかげで、ディープな大阪を
知ることができました。
ハレルヤシスターズの皆さん、ダンナ様、
そして、今回の旅行で触れ合ったすべての大阪の人達に・・・。

まいどおおきに!(o^O^o)

tag : 大阪 銭湯 楽天地温泉 クラブ温泉 スコール

ダンナ様’s Mission(その4)
阪堺電車に乗って一通り堺のお菓子屋さん巡りをした後、
終点の浜寺公園まで行き、南海電車でなんばへ戻ってきました。

なんばの駅でなにやら変わった形の電車を発見!
キン肉マンに出てくるウォーズマンの顔のような電車は
なんばから関西空港を結ぶ特急「ラピート号」でした。
(地元では「鉄人28号」のニックネームで親しまれているそうです。)
南海ラピート号

さて、今回のダンナ様のミッションは
「ミナミで洋食を堪能せよ!」です。

朝から精力的に動き回って、なんばに着いた時には午後3時を回っていました。
ちょうどいい感じにお腹がすいていたので、このミッションはありがたかったです。

向かったのはオムライスの老舗、「北極星」です。
北極星1
このお店は大正11年に初めてオムライスを出した「元祖オムライスのお店」です。
私が行った心斎橋本店は洋食のお店なのに和風のたたずまいで
とても落ち着いた雰囲気のお店でした。

お店に入ると1階のお座敷に通されましたが、お客さんがいっぱい来ていました。
お座敷からは中庭が見え、明るくてすごく開放感がありました。

私はオーソドックスにチキンオムライスの海老フライ付きを注文しました。
ワタクシ、自分でオムライスを注文して食べるのはこれが初めてだったんです。
実は、私はトマトが大っ嫌いで、子供の頃はケチャップもダメだったので
チキンライスとオムライスの上にかかっているケチャップで敬遠していました。
でも、大人になってケチャップは大丈夫になったので(トマトは今もダメです。)
今回思い切って食べてみることにしました。
北極星2

まず海老フライの海老がぷりぷりですっごくおいしかった!
肝心のオムライスはちょっぴりトマトソースの酸味が気になりましたが
卵が柔らかすぎず硬すぎずでちょうどよく、チキンライスのケチャップと
卵の甘さが口の中でとても良いハーモニーを奏でていました。
最近はふわとろのオムライスが人気のようですが、私は「北極星」の
昔ながらのオムライスの方が好きだなぁ・・・。

オムライスを堪能した後は、心斎橋のデパート街の裏にある
ココア専門の喫茶店「AKAI-TORI」に行きました。
AKAI-TORI 1 AKAI-TORI 2

「ココア専門の喫茶店」って珍しいですよね?
お店はビルの2階にあったのですが、お店に通ずる階段の壁も
お店も世界中のココアのパッケージなのでかわいくデコレーションされていました。
AKAI-TORI 3

お店の中は若い女の人でほぼ満席状態でした。
大阪の若い女性の間では人気のお店のようです。
私は数あるココアの中から「ココア・バーディアイス」というアイスココアを
注文しました。ムーミンのカップがかわいかった♪
AKAI-TORI 4
メニューの中には赤唐辛子入りのホットチョコレートや
ジンジャーリキュールが入ったしょうがのココアなど、
一風変わったココアもありました。(勇気がなくて注文できなかったけど。)

実は、ミナミではもう1軒ダンナ様に「行ってきて♪」と言われていた
洋食屋さんがありました。
それが大阪の人なら誰でもわかる名物カレーのお店「自由軒」です。
自由軒1
でも、オムライスとココアをいただいた後ではさすがにお腹に入り切らない・・・。

というわけで、東京に帰る前に天満に行く用事があったので
夕食で天神橋筋四丁目商店街の中にある「自由軒」の支店に行きました。
自由軒2
このお店は夜になると洋食ダイニングのお店になるのですが
名物カレーはいつでも食べられるとのことでした。

で、こちらがその「名物カレー」です!
自由軒3

ご飯とカレーのルーを混ぜたものの上に生卵がのっかってきます。
ドライカレーのようにご飯がぱらぱらではなく、生卵を混ぜると
かなり胃にヘビーな食べ物になります。
(ただでさえ3時間前にオムライスを食べたばっかりですから・・・。)
具はほとんどなくてわずかに玉ねぎと牛肉が入っています。
カレーはけっこうな辛さでしたが、ウスターソースを混ぜると少し味が変わって
コクが出てまろやかになります。
最後はお腹が苦しくて、ふーふー言いながら完食しました。

さて、いよいよ次回が大阪旅行編のファイナルとなります。
ダンナ様のミッションもあと1つ!あと一息お付き合いくださいね♪

tag : 大阪 オムライス 北極星 ココア AKAI-TORI 名物カレー 自由軒

ダンナ様’s Mission(その3)
さてさて、今回のダンナ様のミッションは・・・
「大阪のチンチン電車に乗ってお菓子屋さん巡り!」

というわけで、天王寺の「やまちゃん」でたこ焼を食べた後、
阪堺電車に乗って一路堺市方面へ向かいました。
阪堺電車

ダンナ様は大の電車好き。特に路面電車が大好きなんです。
大阪に行く前、阪堺電車についていろいろと聞かされ、
「最近はだいぶ新しい車両になってるけど、何台かは古い電車が走ってるから
電車の写真、たくさん撮ってきてね♪」との指令が出ていました。
で、天王寺の駅で電車を待っていると、来たのは古い型式の電車でした。
ワタクシ、電車マニアではありませんが、どさくさまぎれに運転席やら
電車の中やら写真を撮ってきちゃいました。
阪堺電車1 阪堺電車2

天王寺の駅を発車すると道路のど真ん中を電車がゆったりと走っていきます。
東京には路面電車は都営荒川線しか残っていませんが、
たまにこういった電車に乗ると車から見るのとは違う景色が広がって
ワクワクした気持ちになりますね。

まずは、天王寺から2駅目の松虫駅で途中下車。
立ち寄ったのは広い道路から1本裏に入った路地にある
「はやし製菓本舗」というおせんべい屋さんです。
はやし製菓本舗1
このお店には手焼きのおせんべいに大阪弁(浪速ことば)が書かれている
「浪速ことばせんべい」というものがあるということで、
「これはいい大阪土産になる!」と思って買いに行きました。

お店に行くとちょうどご主人がおせんべいを焼いているところでした。
店先には昔ながらのケースにいろんな種類のおせんべいが並んでいて、
私が子供の頃、近所にあったお菓子屋さんを思い出しました。懐かしいなぁ。。。
はやし製菓本舗2

「浪速ことばせんべい」を包んでもらうのを待っていると
おせんべいを焼いていた優しそうなご主人が

   「焼きたて、1枚どうぞ。」

と、今まさに焼きあがったばかりのおせんべいをくださいました。
焼きたてのおせんべいはまだふにゃふにゃと柔らかくて、
はちみつのような甘い香りがふわ~っとしていました。
そして、冷めるとすぐに固くなってぱりっとしたおせんべいになるんです。
はやし製菓本舗3
   「これ、模様は学校の校章なんですよ。
     この辺では卒業式や入学式の時に生徒さんに配るんです。」


焼きたてのおせんべいをいただきながら、お店のご主人に
いろいろお話を伺うことができました。
この「はやし製菓本舗」は戦前から大阪の西区でお店をやっていたのですが
戦争中の空襲で被害に遭い、その当時あまり空襲の被害を受けなかった
阿倍野の今の場所でお店を構えて今に至るそうです。
昔は「はやし製菓本舗」のある通りは目抜き通りで、今の原宿の竹下通りのような
人がすれ違うのも大変なぐらい賑わいがあったそうです。
「浪速ことばせんべい」はとても人気があり、遠方から足を運ぶ方も少なくない
そうで、包み紙に書いてある浪速ことばは講談社の浪速ことばを研究して
いらっしゃる方とデザインを考案したんだとか。

私が東京から来たことを伝えると

   「私、江戸の下町言葉の響きも好きですよ。」

とおっしゃってくださいました。とても言葉に対する造詣が深い方でした。

で、こちらがその「浪速ことばせんべい」です。
浪速ことばせんべい2 浪速ことばせんべい1

さて、「はやし製菓本舗」で一休みさせていただいた後は
また阪堺電車に乗り、1度住吉で電車を乗り換え、住吉大社の脇を通り
大和川を渡り、堺市の「宿院」という駅で途中下車しました。

この宿院周辺は和菓子のお店がたくさんあります。
なんでもこの宿院は千利休のお屋敷があった所なんだそうです。
あぁ、だから今も和菓子屋さんが多いんですかね~?

甘いもの大好きなダンナ様のリクエストは「本家小嶋」のけし餅・ニッキ餅と
「かん袋」のくるみ餅です。

まず「本家小嶋」。宿院駅の大通りからこれまた1本外れた通りにありました。
看板はすぐ見つけたのですが、見た感じ普通のお宅だったので
お店に入るのにちょっと躊躇してしまいました。
本家小嶋1

芥子餅はこの辺の名物で、あちこちの和菓子屋さんにあるそうなんですが、
この「本家小嶋」の芥子餅が1番おいしいとのことでした。
包み紙には千利休が描かれていました。
ダンナ様曰く、「芥子餅は芥子の実がぷちぷちしていて香ばしく
甘さも控えめで上品な感じ。ニッキ餅はニッキがそんなにきつくなくて
爽やかな感じだった。」とのことです。
本家小嶋2

次は「かん袋」。こちらは宿院から1駅先の寺地町にあるので
頑張って1駅歩きました。・・・と言っても1駅の間隔がそんなに遠くないので
ゆっくり歩いても5分ぐらいの所でしたが。

かん袋1
このお店も大通りから1本入った路地にあるのですが、行ってみてびっくり!
次から次へとお客さんがお店の中に入っていきます。
中には車で来ている人もいました。すごく有名なお店らしいです。

お店の中に入ると、このお店のくるみ餅を買うのに行列ができていました。
そして、なぜか緑色のかき氷を食べている人がたくさん!
実はこのお店、売っているのはお土産用のくるみ餅と
お店で食べられるくるみ餅の入ったかき氷だけなんです。

私は時間がなかったのでお土産用の壺に入っているくるみ餅をお買い上げ。
かん袋2
ダンナ様が「この壺がほしい!」と言っていたので買ったのですが、
この壺が微妙に重いっ!!・・・荷物を持ち歩いていて少しだけ後悔しました。
ちなみに、この「くるみ餅」にはくるみは入っておりません。
緑色の飴で「くるむ」から「くるみ餅」と言うんだそうです。
でも、ダンナ様は「くるみかナッツのようなものがすって入っているみたいで
香ばしい香りがした。」と言っていました。緑色の飴は抹茶が入っているようです。

さぁ、残るダンナ様のミッションはあと2つ!(・・・ってまだあるんかい!)
1週間大阪話が続いていますが、あともう少し続きます。

tag : 大阪 はやし製菓本舗 浪速ことばせんべい 本家小嶋 かん袋

あぁ、あこがれの通天閣
ワタクシ、大阪に行ったら絶対に行きたい所が2ヶ所ありました。

1ヶ所は道頓堀の戎橋。
(グリコの看板がある所です。着いたその日に行きました。)

そして、もう1ヶ所は新世界。「通天閣」のある所です。
やっぱり大阪のシンボルと言ったら「通天閣」ですよねぇ~。

地下鉄・恵比須町の出口を出るといきなり目の前にど~んと
通天閣がそびえ立っていました。思わず「すご~い!」と声に出しちゃいましたよ!
通天閣1
私が行った時間は朝の10時頃だったので、商店街のお店はまだ閉まっていて
少し寂しい感じがしました。お昼過ぎともなればきっと賑やかなんでしょうね。

ワタクシ知らなかったんですけど、通天閣の下って普通に道路なんです。
東京タワーみたいにちゃんとした敷地の中にあるんだと思っていたので
ちょっとびっくりしました。
そんな通天閣の下をくぐってエレベーターに乗って展望台まで登ってみました。

「通天閣」って「天に通ずる高い建物」って意味なんですって。
お天気が曇り空だったのはちょっと残念でしたが、大阪の街が一望できました。
大阪城や大阪ドームなど、今回時間的な都合で近くまで行かれなかった
大阪の名所も見ることができました。(遠くてすごく小さかったけど。)

そして、「通天閣」と言えば、幸運の神様「ビリケンさん」ともご対面!
通天閣2 通天閣3
「ビリケンさんの足の裏をなでると願い事が叶う」という話は有名ですが、
ビリケンさんは木製で、みんながなでるので足の裏がすり減ってしまい
大きなくぼみができていました。私も優しくなでてきました。
ビリケンさんを初めて間近で見ましたが、すごくかわいい顔をしてるんですね♪
一目見てすごく気に入ってしまい、自分用にビリケンさんの携帯ストラップと
会社のお土産にビリケンさんの人形焼きを買って帰りました。

ビリケンさんのお人形もかわいかったですよ♪
通天閣4 通天閣5

さて、充分通天閣を堪能したところで、その周りの新世界界隈を
散策してみました。
新世界1
いかにも大阪!って感じの写真が撮れたと思いませんか?
新世界には本当にたくさんの串カツ屋さんが並んでいました。
「新世界に行ったら絶対に串カツは食べよう!」と思っていたのですが、
これだけたくさんのお店があったらどこに入ろうか悩みますよね~?

でも、私には入る串カツ屋さんが決まっていたんです。
なぜなら・・・ここでもダンナ様のミッションがあったからです。

今回のミッションは・・・
「1串40円の串カツを食べて来い!」です。

そのお店は新世界から1歩外れた地下鉄・動物園前駅の側にある「大万」です。
新世界2
私が行ったらちょうどお店のおばあさんが店を開けるところでした。
開店したばかりなので当然お客さんは1人もおらず、女性が1人で入るには
なかなか勇気のいるお店です。(・・・って私は行ったんですけどね。)

お店はカウンターしかなく、その上には私が初めて見る食べ物が並んでいました。
新世界3
おばあさんに聞いてみると「牛ホルモン焼き」と「ホルモン揚げ」だとのこと。
とりあえず1本ずつ頼むと、おばあさんはホルモン焼きの串を鉄板の上に乗せ、
ホルモン揚げの串を油の入った鍋に入れました。
「タレは2度漬け厳禁!」と言うのはガイドブックなどで学習していたので
出された串にたっぷりとタレをつけて食べてみました。

・・・う~ん。。。何と言ったらいいんでしょう。
ホルモン焼きの方はゴムみたいな弾力のあるお肉でした。
ホルモン揚げはホルモン焼きに衣をつけて揚げたものでした。
そして、お肉が刺さっている串が黒くて妙なところに年季を感じてしまいました。
これで1串40円ならまぁいっか~・・・といった感じです。
今時100円以下で何かを食べられるお店なんてそうそうないですからね!
新世界4

私にとっては「初めての串カツ」だったので基準がイマイチわからないのですが、
今度行った時はいろんなお店の串カツも食べてみたいです。

明日は天王寺からチンチン電車に乗って堺を目指します。お楽しみに!

tag : 大阪 新世界 通天閣 ビリケンさん 串カツ

ダンナ様’s Mission(その2)
今日も大阪旅行のお話です。

ダンナ様の第2のミッションは・・・
「『アジアコーヒ』を探せ!」です。

「アジアコーヒ」とは何ぞや???・・・ですよねぇ~。
「アジアコーヒ」とはその昔大阪に40軒以上もあった(らしい)喫茶店の名前です。
(「アジアコーヒー」ではなく「アジアコーヒ」なのがこれまたミソです。)

で、何故ダンナ様がこの喫茶店に興味を持っているかと言うと
この喫茶店に幻の飲み物「ネーポン」が置いてある・・・という情報を
キャッチしたからです。
「ネーポン」とは今で言うファンタオレンジのようなジュースらしいのですが、
製造元の会社がなくなってしまい今ではなかなか手に入らないそうなんです。
でも、この「アジアコーヒ」にその「ネーポン」が置いてあるらしい!ということでした。
・・・と言うわけで、今回の指令は「アジアコーヒでネーポンを飲んできて!」です。

大阪に行く前にお店について調べてみると、そのお店は都島にあるとのこと。
しかも、平日は午後3時まで、土曜日はお昼までしかやっていないんです!
そんなわけで、2日目の朝、ホテルをチェックアウトして真っ先に
都島まで足を運びました。

地下鉄の出口を間違えて、しばらく駅周辺をうろうろしてしまいましたが
なんとか目的の「アジアコーヒ」を発見しました!
アジアコーヒ1
う~ん。。。のれんがかかっているのでオープンはしているんでしょうけど
お客さんが入っているのかいないのかわからないさびれた雰囲気。
ダンナ様のミッションがなければ絶対に入らないお店ですよ。
でも、ここまで来ちゃしょうがない!勇気を振り絞ってお店の中に入りました。

お店には・・・お客さんが3人いました。
若い男女のカップルと背広を着た男性が1人。
カップルの男性の方は今時珍しいキセルを吸っていました。
お店の奥の方ではお店の方と思われる年配の女性が洗い物か何かをしていました。

   「すみませ~ん。。。」

恐る恐る声をかけると、その女性がお店に顔を出し
「なんでこんな娘がこの店に来たんやろ?」といぶかしげな顔で私を見ました。

   「すみません。ミルクコーヒーください。」

ダンナ様のミッションは「ネーポン」だったのですが、
実はワタクシ、オーソドックスな食べ物以外は自分から進んで頼むことは
しないんです。得体の知らない味のものは絶対に口にしません。
・・・というよりも、「ネーポン」を頼む勇気が私にはありませんでした。

でも、壁に貼ってあったメニューには「ネーポン」の札がありました。
今もこのお店で「ネーポン」が売られているかは不明ですが・・・。
アジアコーヒ2

しばらく待っていると、お店の女性がお水と一緒にミルクコーヒーを
運んでくれました。(ちなみに、これで1杯¥120です。)
アジアコーヒ3
ホットなのにコップに取っ手をつけて出されるところは
さすがただの喫茶店ではなさそうです。
味は・・・妙に甘くてクリープをたくさん入れたコ-ヒーと言った感じでしょうか?

「ネーポン」がまだこのお店で売られているかどうかは
ダンナ様がいつか大阪に行った時に確認してもらおうと思います。
でも、ディープな大阪のお店を体験できたのはなかなか面白かったです。

明日もまだまだ大阪話は続きます。。。しばらくお付き合いくださいね。m(_ _)m

【おまけ】
都島をうろうろしていたら、こんな居酒屋さんの看板を見つけました。
妙に納得できる川柳だったので思わず写真を撮っちゃいました。
都島の居酒屋さん

tag : 大阪 アジアコーヒ ネーポン

ダンナ様’s Mission(その1)
今回の大阪1人旅ではお留守番だったダンナ様から
様々なミッションが与えられていました。
(「ミッション・インポッシブル」・・・ってトム・クルーズかっ!ヾ(ーー )ォィ)

今日お話しする第1のミッションは・・・
「アイスクリンとアイスキャンディーを制覇せよ!」
「アイスクリーム」じゃなくて「アイスクリン」と「アイスキャンディー」という
ところがミソです。

・・・ということで、まず初日に向かったお店は堺筋本町の東警察署の隣にある
「ぜー六」という小さな喫茶店です。
ぜー六1
「ぜー六のアイスモナカを食べてきて!」というのがダンナ様の指令です。
昨日お話ししたたこ焼き屋さん「うまい屋」から大急ぎで地下鉄に乗って
堺筋本町まで行き、早足でお店を探しました。
なぜならこのお店、18時に閉店の上、第2土曜日は定休日だったんです!

なんとか18時前にお店に到着。ハァハァ言いながらアイスモナカを注文しました。
お店のご主人がその場で最中にアイスを詰めてくれます。
ぜー六3
ちょっと見にくいですが、最中にちゃんと「ぜー六」と書かれていました。
このアイスモナカ、2個で¥200なんですよ!たこ焼きに続きその安さに驚きです。

味は普通のバニラアイスと違って、甘ったるくなくてすーっと清涼感があって
まさに昔の「アイスクリン」でした。
最近のアイスクリームは甘ったるいのが多くてしばらく遠ざかっていたのですが
このアイスモナカはいくら食べても飽きなさそうです。
このアイスは自家製で、ご主人曰く、脂肪分は一切入っていないそうですよ。

アイスモナカを食べながら、少しご主人とお話をしました。

   「主人に教えてもらって(このお店に)来たんです。」
   「よくダンナはんウチの店知っとったなぁ。」
   「本やインターネットで調べたみたいです。」
   「ダンナはんにも持って帰ったらどうや?」
   「でも、東京から来たんで・・・。」
   「東京!それじゃ無理やなぁ。(笑)」

バリバリ大阪弁の方とお話しするのは初めてだったのですごく楽しかったです。  

ご主人にお願いしてお店の中も写真を撮らせていただきました。
このレトロな感じがダンナ様好みのお店です。
ぜー六2

さて、1つ目のミッションが終わったところで、もう1つのミッションです。
2日目、なんば駅近くの「戎橋筋商店街」の中にある
「北極」というお店に行きました。
北極1  http://www.hokkyoku.jp/

このお店のアイスキャンディーは大阪でも有名なんだそうで、
「北極のアイスキャンディーを食べて、包んである袋を持って帰ってきて!」と
いうのがダンナ様の指令でした。

味はミルク・あずき・いちご・パイン・オレンジ・きんかん・ココア・抹茶・さつまいもの
9種類ありましたが、私はオーソドックスにミルク味を買いました。

こちらのアイスキャンディーはちょっとねっとりしていて
私が子供の頃によく食べていたアイスキャンディーのような感じで
とても懐かしい味でした。
私が大阪に行った日はちょうど春一番が吹いた日でとても暖かかったので
お店にもたくさんの人がアイスキャンディーを買い求めていました。
東京人の感じとしては原宿でクレープを食べる感覚と同じかな~?

さすがにダンナ様にアイスキャンディーは持って帰れなかったので
代わりに「北極」で売っていた「回転焼き」という大判焼きみたいなものを
お土産に買って帰ってきました。(中身はつぶあんとチョコです。)
北極2
味は東京とさほど変わらない普通の大判焼きでした。
でも、なんで「回転焼き」って言うんでしょうね・・・?

・・・というわけで、第1のミッションは無事クリアしました!
でも、ダンナ様のミッションはこれだけではないんです。。。明日も続きます。

tag : 大阪 ぜー六 北極 アイスクリン アイスキャンディー

たこ焼き食べ歩き
大阪の話をしたいと思っているのですが・・・
もぅ話したいことがたくさんあり過ぎて、何から話したらいいのかわかんな~い!

というわけで、今日は「たこ焼き」のお話をしたいと思います。
「大阪の代表的な食べ物は?」と聞かれたら、私だったら「たこ焼き」と
「お好み焼き」って答えます。
でも、お好み焼きは1人でお店に入って食べる勇気がなかったので
とにかく今回は「たこ焼きだけは絶対に食べよう!」と心に決めていました。

事前にガイドブックやインターネットでいろいろ情報を集めて
今回は2軒のたこ焼き屋さんに行ってきました。

まず1軒目は天五中崎商店街の中にある「うまい屋」
地図を見たらホテルから歩いて行かれる距離の所にあったので
大阪に着いた当日、ホテルに荷物を置いて真っ先に向かったお店です。
うまい屋1
スミマセン!お店の外観の写真を撮ってくるのを忘れてしまいました!
   上の写真はお店の中に貼ってあったお店の絵です。

初めての大阪での買い物。「はじめてのおつかい」みたいで妙にドキドキしました。

   「あの~、たこ焼きください。」
   「持って帰ります?それとも、中で食べます?」
     (イントネーションが大阪弁でした。)

本当は時間があまりなかったので持ち歩いて食べようと思っていたのですが、
せっかく来たのでお店の中で食べることにしました。

お店の中はなんともシンプルな感じでテーブルと椅子が並んでいるだけ。
私がお店に入った時は大阪のあんちゃんが3人たこ焼きをほおばっていました。

お店の中でまず目に入ったのが壁にかかっていたメニュー。
うまい屋2
ん?「保証牛乳」って何??
思わずお店のお姉さんに聞いてみました。

   「あの、『保証牛乳』って何ですか?」
   「ただの瓶に入った牛乳ですよ。『保証』っていうのは
     『明治牛乳』の『明治』みたいなメーカーの名前です。」


東京では聞かないメーカーだったので一緒に「保証牛乳」も注文してみました。
うまい屋3
「うまい屋」のたこ焼きは生地にダシの味がついているので
最初はソースもかつお節も青のりもかかっていません。
(ソースは後でお好みでかけられます。)
東京では大体たこ焼きにはソースとかつお節と青のりがかかっているので
私にとっては何もかかっていないたこ焼きはすごく珍しく感じました。
口に入れるとダシの香りがふわ~っと広がって、ソースをかけなくても
十分おいしかったです。
(後でソースをかけて食べてみましたが、私はかけない方が好きです。)
たこ焼きを食べながら飲む「保証牛乳」もぴったりたこ焼きとマッチしてました。
たこ焼きと牛乳・・・すっかり「おやつ」気分です。

そして、何と言ってもたこ焼きと牛乳でしめて¥440!
東京だったらたこ焼きだけで¥500くらいするので、その安さにびっくりしました。
お店を出た時、お姉さんに「おおきに~」と言ってもらった時、
「あぁ、大阪だなぁ・・・。」と改めて実感してしまいました。

もう1軒は天王寺の近鉄・大阪阿倍野橋駅前にある「やまちゃん」
ここはハレルヤシスターズのマヤさんがおすすめしてくれたお店です。
やまちゃん1

ここはお持ち帰り専門のお店のようですが、その場で食べられるように
5個¥220で買うこともできます。(お持ち帰りは8個からだそうです。)
ソースとトッピングもいろいろ選べるのですが、私はソース&マヨネーズの
「ヤング」を注文しました。
やまちゃん2
「やまちゃん」のたこ焼きは外がカリッとしていて、中は生地がトロ~っとしていて
私が今まで食べたたこ焼きの中で1位2位を争うくらいおいしかったです。
さすが大阪が地元のマヤさんがオススメするだけのことはあります。

大阪に行く前は「たこ焼きなんてそんなにたくさんは食べられない。。。」と
思っていたのですが、実際食べてみると意外と軽くて、おやつ感覚で
ペロッと食べられちゃうんですね。値段も手頃だし・・・。
また大阪に行く機会があったら、もっといろいろなお店のたこ焼きを
食べてみたいです。

tag : 大阪 たこ焼き うまい屋 やまちゃん

OSAKA最高!
昨日、1日大阪の街を遊び倒して、夜の新幹線で無事東京に帰ってきました。

いやぁ~、大阪はとっても楽しい所でした!
街を行く人はホントに大阪弁をしゃべってたし(当たり前か)
おばちゃんが乗ってる自転車にはちゃんと傘を取り付ける道具がついてたし、
エスカレーターは東京とは逆で左側を空けてたし、
食べ物は安いしおいしいし(食事代よりお土産代の方が高くつきました。)
いろいろなカルチャーショックを受けてきましたよ。

ワタクシ、実は大阪には以前1回だけ足を踏み入れたことがあるんです。
まだ結婚する前、実家の赤帽の仕事で弟と一緒に行ったのですが
その時の滞在時間はたったの1時間!
赤帽車で高速の環状線を1周して、食事は吉野家の牛丼・・・たったそれだけ。
だから、今回の大阪の旅はすっごく楽しみでした。

で、早速いろいろ皆さんに今回の旅のご報告をしたいのですが・・・
何せ昨日1日で都島→新世界→天王寺→堺→なんば→心斎橋→天満と
大急ぎで回ったもんで、日頃の運動不足がたたって体中筋肉痛なんです。(T_T)
明日の仕事に支障をきたすとマズイので、今日はもう休みます。

明日から何日かに分けてご報告したいと思いますのでお楽しみに!

ちなみに、今回お世話になったホテルは中崎町の
「ホテルグリーンプラザ大阪」です。
ホテルグリーンプラザ大阪1
大阪駅(または梅田駅)から歩いて7~8分の所にあるホテルです。
ハレルヤシスターズのライブ会場が梅田だったので、
インターネットで梅田近辺のホテルを探して
「朝食バイキング」という言葉に魅かれてこのホテルに決めました。

こちらのホテルは結婚式場も兼ねていて、客室の廊下から
チャペルの大きなステンドグラスが見られました。すっごいきれいでしたよ。
ホテルグリーンプラザ大阪3

客室はシングルだったので最初部屋に入った時は「せまっ!」と思いましたが
部屋はきちんと清掃されていて案外快適でした。
ホテルグリーンプラザ大阪4

そして、私が楽しみにしていたのがこのホテルの「朝食バイキング」!
ホテルグリーンプラザ大阪5

ワタクシ、アメリカに旅行した時にホテルの朝食で出されるスクランブルエッグが
大好きだったんです。
で、日本のホテルでもスクランブルエッグが食べられるかなぁ・・・?と思って
「朝食バイキング」のあるこのホテルを選んだ・・・というわけなんです。
このホテルでは洋食も和食も並んでいて、品数がとても豊富でした。
でも、昨日は昼間いろいろと食べ歩く計画をしていたので、ホテルでの朝食は
少し控え目にしました。でも、念願のスクランブルエッグは食べましたよ!
ホテルグリーンプラザ大阪6 ホテルグリーンプラザ大阪7

ホテルのフロントの対応も親切で好感が持てました。
梅田からも近かったので、また大阪に来た時は利用したいと思います。

tag : 大阪 ホテルグリーンプラザ大阪

満喫してます!
道頓堀のグリコのネオン

夕方大阪に着いて、ホテルに荷物を置いて、早速大阪の街に繰り出しました。
今日は中崎町・天満・道頓堀を散策して、ハレルヤシスターズのライブに行き、
今さっきホテルに帰ってきました~。
詳しいことは東京に戻ってから報告しま~す。

いつもテレビで見ていた道頓堀のグリコのネオンを見て、
「あ~、ホントに大阪に来たんだなぁ・・・。」と実感しました。

tag : 大阪 道頓堀

見にきてくれた人


ブログランキング
遊びにきてくださってありがとう!
ハッピース!(^^)v な気持ちに
なったら1クリックしてください♪
もちろん、コメント・TBも大歓迎!
ご協力よろしくお願いしま~す!


 
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他日記ブログへ

blogram投票ボタン



カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
にゃんこ時計
プロフィール

たかぽん

Author:たかぽん
1971年11月12日生まれ。
さそり座のO型。
生まれも育ちも東京のOL主婦。
趣味はカラオケと食べ歩き。
「羞恥心」が大好き!

ダンナ様:
たかぽんより10歳年上。
おとめ座のO型。
知らないことはほとんどない!と
言えるほどの雑学王。
高山植物と路面電車が大好き!

みーちゃん:
我が家の箱入りにゃんこ(♀)。
21世紀最初のお正月に
自分から我が家にやってきた。
ダンナ様が大好きで、妻の座を
虎視眈々と狙っている。
ちくわとかつお節が大好き!

こんな2人(と1匹)が同じ屋根の
下でにぎやかに暮らしています。

「羞恥心」を応援しよう!
たかぽんイチオシ


Viva!Hallelujah Sisters!
たかぽんのお気に入りサイト

このブログをリンクに追加する
List Me! by BlogPeople

☆ このブログのバナーを
  作りました~♪
  リンクフリーですが、貼る前に
  ご一報頂けると嬉しいです。
  
  バナーの貼り付け方について   
最新の記事
最新のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-

-降水短時間予報-


ブログ通信簿
ブログ内検索
RSSフィード
みなさんにお願いm(_ _)m
ご訪問ありがとうございます。
こちらのブログは基本的にリンク
フリーですが、その旨をコメントに
残して下さると嬉しいです。
また、コメント・TB大歓迎!!
ですが、承認制を取らせて
頂いております。
ブログへの掲載が遅くなることが
ありますが、1日1回は必ず目を
通していますのでお待ち下さい。
また、なるべくコメントには
お返事を書くようにしています。
が、すぐにコメントのお返事が
できない場合がありますので
その際はご了承ください。
誹謗中傷、アダルトな内容等
不適切と思われるコメント・TBに
ついては削除させて頂きます。
ご協力、よろしくお願い致します。
お世話になってるサイト



ブログでブームはブロモーション



人気ブログ記事検索 ブログルポ





お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

マクロミルへ登録

アフィリエイト

ブログマイル:究極のお友だち紹介制度誕生

無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

口コミマーケティングをお考えならモニタープラザ

Vita 町田・相模原の生活応援ポータルサイト









ボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。