*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の「恋のクセ」
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
肺炎にご注意を!
秋から冬へ季節が移り変わるにつれ、巷では新型インフルエンザが少しずつ猛威を
ふるい始めているみたいですね。
特に小さいお子さんなんかは重症化しやすく、「新型インフルエンザで亡くなった」という
ニュースをしばしば耳にすることもあります。

そんな中、心配性のダンナ様が言いました。

  「ねえ、『肺炎球菌ワクチン』を打ちたいんだけど・・・。」

「肺炎球菌ワクチン」??・・・何それ?
ダンナ様の話によると、「肺炎球菌ワクチン」とは新型インフルエンザを発症し、
万が一肺炎になっても重症化させないためのワクチンで、1回接種すれば
5年以上免疫が持続するんだそうです。
ダンナ様は気管支系が弱いので、早めにこのワクチンを接種して
新型インフルエンザの流行に備えたい・・・とのことでした。

ただ、この「肺炎球菌ワクチン」、どこの病院でも取り扱ってるの?
そこのところがわからなかったので、インターネットで調べて
「肺炎球菌感染症コールセンター」という所に問い合わせをしてみました。
ここに電話をすると、自分の家の近くで「肺炎球菌ワクチン」を取り扱っている病院を
紹介してくれたり、自分のかかりつけの病院が「肺炎球菌ワクチン」を取り扱っているかを
教えてくれます。幸い、私達がいつも行っている病院でも取り扱っているとのことでした。

このワクチンは最近では「新型インフルエンザの重症化の予防」として
注目され始め、公費助成してくれる自治体もあるそうなんですが、
町田市はまだ公費助成はしてくれないようです。
明日、かかりつけの病院に電話して料金を確認してから予約を入れようと思っています。

ところで、インターネットでこのワクチンのことについて調べている時に
初めて知ったのですが、「肺炎」って日本人の4番目に多い死因なんですってね。
特に、高齢者の肺炎による死亡率は年齢とともに高くなっているそうです。
そう言えば、先日父も肺炎を患い、それをきっかけにタバコを止めたそうです。

これからますますインフルエンザが流行する季節になります。
みなさんも「新型インフルエンザ」だけではなく、「肺炎」にも注意しましょうね!

肺炎予防推進プロジェクト

「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!
 「東京ローカルページ」にも記事を掲載しています。
   よろしければこちらもチェックしてみてくださいね!


tag : 肺炎球菌ワクチン 新型インフルエンザ

会社って誰のもの???
ども。この3連休は家でゆ~っくりの~んびり過ごしているたかぽんです。
のんびりしすぎて、珍しく2日もブログの更新をお休みしちゃいました。(^^ゞ
土曜日、日曜日としっかり休養したので、日頃の疲れもだいぶ取れてきましたよ♪

さて、話は金曜日に遡りますが、久しぶりに私が今勤めている会社の前に
働いていた会社の人達と会って飲みながらいろんな話をしてきました。
今もその会社で頑張って働いている人、私と同じように退職して別の会社で
頑張っている人・・・今はみんなそれぞれの道を進んでいますが、
以前は同じ会社の仲間ということで、自然とその会社の今の状況についての話に。

私がその会社を退職したのは今から約2年前のこと。
その会社は父親が社長、母親が副社長、息子が専務・・・と家族で経営している
従業員30人ほどの小さい会社で、私は営業の仕事をしていました。
仕事はとてもハードで、いつも会社を出るのは夜の10時ごろ。(しかも、残業代はなし。)
慣れない営業で肉体的にも精神的にもストレスが溜まる仕事でしたし、
いくら頑張っても正当な評価をしない経営陣に対して大きな不満はありましたが、
働いている人達はとてもチームワークが良くて、大変な仕事でもみんなで
フォローしあいながら頑張っていました。

でも、やはり毎日帰りが10時、11時ともなるとダンナ様もあまりいい顔をせず、

  「残業代も出ないのに、従業員を働かせるだけ働かせる会社なんて辞めなよ。」

と言い出す始末。
私はその頃ちょうど35歳で、転職を考えるタイムリミットが迫っていたので、
「ここは一生勤められる会社じゃないな。」と見切りをつけて退職を決意しました。

退職を決意した次の日、そのことを営業のリーダーに伝えると、

  「いや・・・実は・・・僕も今日退職届を持ってきたんですよ。」

彼は私より年下でしたが、営業のノウハウや商品や経済の知識も豊富で、
よく仕事の相談に乗ってもらったり、フォローをしてもらったりしていました。
でも、「リーダー」という役職があった分、私よりも更に大変だったと思います。
帰りはいつも私達より遅く (会社に泊まることも多々)、休日出勤も当たり前。
その上、いつも社長や専務に怒鳴られてばかり・・・。きっと我慢の限界だったんでしょうね。

その時、私も退職を決意していたとは言え、職場の人間関係は良かったので
半分辞めようかどうしようか迷っていました。
でも、経営陣の彼に対する対応はとても冷たいものでした。
特に引き止められることもなく退職届はあっさりと受理され、すぐに新しいリーダーが
決められ、経営陣は彼に対して退職するまで無視し続けたのです。

  「あ~、この会社はいくら頑張っても従業員を守ってはくれないんだ・・・。」

彼に対する仕打ちを見て、私の退職の意志は一気に固まりました。
そんなわけで、私は彼と同じ日付をもって退職することになったのでした。

今もその会社に勤めている人達の話によると、今も会社の体質は変わっておらず、
昨年からの不景気で売上も私達がいた頃の半分近くまで落ち込んでいるとか。
そのため、長年務めてきた工場長・次長クラスの人を解雇したとも聞きました。
それでも去年は少し景気が良かったようで、決算でもかろうじて黒字になった
そうなのですが、従業員の昇給やボーナスは全くなく、利益は株主の配当に
充てられたそうです。(株主も社長家族の親戚など)
その話を聞くと、一生懸命働いている従業員のみんなが本当に可哀そうで
経営陣に対する怒りがますます込み上げてきます。

今の会社で経理に携わるようになって、よく考えることがあります。

「『会社』って誰のためのものなんだろう・・・?」

前の記事でご紹介した本 「財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方」には
このように書かれてありました。

 最近では日本でも「会社は株主のもの」という考え方が一般的になってきました。
 私自身は「会社は株主のもの」などとは思っていませんが、資本主義の論理から
 言えば会社は株主のものです。
 アメリカ人に「会社は誰のものですか?」と尋ねると、何の躊躇もなく
 「会社は株主のもの」という答えが返ってくるでしょう。

    國貞克則 著 「財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方」より


私も「会社は株主のもの」という考え方はイマイチ納得ができません。
確かに株主が会社に投資をしてくれなければ会社が大きく成長しないという
ことは理解できます。でも、会社は従業員がいて初めて動くものだと私は思うんです。
経営陣だけが会社を動かしている訳じゃないですよね?
むしろ、モノを作ったり売ったりする従業員がいるから会社は利益を得ることが
できるんだと私は社会人になってからずーっと考えてきました。
でも、最近の企業は「株主(投資家)」の方にしか顔を向けていないような
気がしてなりません。

私は今の会社で経済の勉強をしていた時、「ステークホルダー(stakeholder)」という
言葉を知りました。
「ステークホルダー」とは日本語では「利害関係者」という意味で、企業や行政、
NPO等の利害と行動に直接的・間接的な利害関係を持つ者のことを指します。
その中には投資家・債権者・顧客(消費者)・従業員・取引先・地域社会・
政府・行政などが含まれるそうです。
投資家ばかりにいい顔をするのではなく、従業員のことも大切にしてくれる企業が
これから増えてくれることを願わずにはいられません。

「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!
 「東京ローカルページ」にも記事を掲載しています。
   よろしければこちらもチェックしてみてくださいね!

tag : 会社 ステークホルダー

人生の30ピース
今日は時折雨が降るあいにくのお天気。
お昼過ぎに雨がやんだのを見計らって、自転車のパンクを修理してもらうため
近所のホームセンターに行ってきました。
(近所・・・と言っても歩くと片道20分くらいかかるんですけどね・・・。)

で、帰ってきてテレビをつけたら「スター作った30ピース」という番組で
今、人気絶頂のお笑い芸人「はんにゃ」の金田哲さんが今の自分が出来上がった要素を
パズルの30ピースに当てはめて自己分析をする・・・という企画をやっていました。
これが見ていてとても興味深くて面白かったんです。

「はんにゃ」の金田さんってコントをやっている時はヘタレキャラだけど、
普通の時の顔をよ~く見るとこれが結構カッコいいんですよね?
私は夏頃にやっていた「PARCO」のCMを見た時にそう思いました。

 これがその「PARCO」のCMです。
   私は最後の「来いよ」って言う仕草の金田さんの顔が好きです。


それに、今日の自己分析で下積み時代の苦労や失恋がきっかけで女性嫌いに
なったことなど金田さんの人となりが垣間見えて、普段のテレビではわからないけれど
お笑い芸人を目指してずっと芯がぶれない生き方がかっこいいな~と思いました。

もしも今の私を30ピースで表すとしたら・・・面白そうなので考えてみました。

 【たかぽんを作った30ピース】 (順位は今回つけていません)

  ダンナ様
  両親
  S先生(中学時代の担任の先生)
  Wさん(結婚する前の会社で大変お世話になった方)
  Mさん(大学時代の親友)
  伯母
  英語
  アメリカ
  ボストン
  ホストファミリー
  結婚する前に勤めていた会社
  多摩川
  羽田空港
  新宿
  社研(社会研究同好会・高校時代に所属していた部活)
  川越
  紙ふうせん(大学時代に所属していた部活)
  文連本部(文化連合会本部・大学4年の時に活動していた団体)
  町田
  欽ちゃんファミリー
  渡辺美里さん
  羞恥心
  二十歳の原点
  アダルトチルドレン
  交通事故
  ブログ
  演劇
  カラオケ
  クイズ
  お酒


この作業をやってみると、自分の今までの人生を振り返ることができて
人生のターニングポイントがいつだったかを知ることができますね。
自己分析をするにはとても良い方法だと思います。
みなさんもぜひ1度やってみてはいかがでしょうか?オススメです。

「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!
 「東京ローカルページ」にも記事を掲載しています。
   よろしければこちらもチェックしてみてくださいね!

tag : はんにゃ 金田哲 パズル 30ピース 自己分析

「ピンクリボン運動」を広めよう!
リボン運動

みなさんは「ピンクリボン運動」をご存知ですか?
「ピンクリボン運動」(リボン運動 がん新薬を普及する会)とは
がんと闘っている患者さんが支払っている先進医療や高額な薬代の
負担を軽減するために行っている活動のことを言います。

以前、山田邦子さんが「乳がんの早期発見を!」と呼び掛けているのを
テレビで見たことがありますが、山田邦子さん本人も乳がんを発症した経験があり、
現在、この「ピンクリボン運動」の代表理事を務めているそうです。

「がん」という病気は私が子供の頃は「不治の病」と言われていましたが、
医療の進歩によって早期に発見されれば治すことのできる病気になりました。
しかし、海外で開発された薬が日本で認可されていないと保険が適用されないなど
先進医療を受けるのに多額な費用がかかっているのが現状です。

そのため、「ピンクリボン運動」ではがんの新薬を安心して使える仕組みを
作る活動や、先進医療の事例を紹介したりチャリティーイベントを行うなどの
啓蒙活動を行っています。

今回、啓蒙活動の一環として「ピンクリボン運動ブログパーツ」ができました。
ブログを運営している多くの方にブログパーツを貼ってもらうことによって
「ピンクリボン活動」のことをたくさんの人に知ってもらい、がんと闘っている患者さんを
支援していく目的で作られたそうです。

また、「ピンクリボン運動のリボン検索」というツールバーも配信しています。
これは普段みなさんが利用しているYahoo!やGoogleの「ウェブ検索」の代わりに
「リボン検索」を使うことによってスポンサーからの広告による収益が発生し、
広告収益がそのまま寄付になるというものです。
このツールバーやウェブ検索を利用する際の費用は一切かかりません。
これなら少しでもがんと闘っている患者さんの力になれるな~と思い、
私も早速ダウンロードしました。

このブログをご覧になっている方で、「自分もブログを書いている」という方は
ぜひご自分のブログにも「ピンクリボン運動ブログパーツ」を
貼っていただけたらと思います。ご協力よろしくお願い申し上げます。

「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!
 「東京ローカルページ」にも記事を掲載しています。
   よろしければこちらもチェックしてみてくださいね!

tag : ピンクリボン運動 リボン検索 ブログパーツ 山田邦子

衆院選スタート!
昨日、衆議院議員選挙が公示されましたね。いよいよ本格的な選挙戦のスタートです。
テレビのニュースでも毎日選挙関連の話題が取り上げられて、
各政党の議員さんがいろいろなテーマで議論を戦わせている場面をよく見ます。
私がいつも使っている駅前でも、各政党の候補者が演説をしていたり、
ビラを配ったりしていますよ。

私は特にどこの政党を支持しているというのがない、いわゆる「無党派」です。
でも、テレビやインターネットで各政党の主張を聞いたり、マニフェストを読む限りでは
どの政党も国民に「いいカッコしい」のパフォーマンスでしかないなぁ・・・と感じます。

「高速道路の料金を無料にします!」と大々的に訴えていても
首都高速とか都市部の高速道路は無料にはならないんですってね。
(私も最近、テレビのニュースで知りました。)
「子供のいる家庭を支援します!」とか「子供と高齢者の医療費はタダにします!」とか
各政党とも「子供」と「高齢者」向けの政策を打ち出して支援金を配ろうとしていますが、
そういったお金も税金から捻出されるんですよね?
車もない・子供も高齢者もいない我が家から見れば、各政党が打ち出している政策は
ほとんど恩恵がないように思います。

「派遣を禁止して正社員を増やします!」と訴えていた政党もありましたが、
そしたら企業は今いる正社員だけで業務を回そうと考えるのではないでしょうか?
そうなったら更なる「派遣切り」が行われるような気がして
派遣社員の私としてはとても怖いです。

どの政策にもメリットがある分、反対にデメリットもあるはずです。
でも、その部分の説明が何もなく、ただお互いの政党の批判ばかりが聞こえてきます。
「この政策はこういうメリットがあります。でも、こういうデメリットもあります。」と
きちんと説明できる政党があったら信用できるんですけどね・・・。

まだまだ勉強不足ですが、投票日までの約2週間、各候補者・政党の訴えをよく聞いて
「自分の未来を任せられる政党」に投票したいと思っています。

「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!
 「東京ローカルページ」にも記事を掲載しています。
   よろしければこちらもチェックしてみてくださいね!

tag : 衆議院選挙 マニフェスト

頭が混乱中・・・
早いもので10日間あった夏休みも残すところあと1日となりました。
来週から仕事が始まるわけですが・・・正直ものすごく憂鬱です。。。llllll(-_-;)llllll
このところバイオリズムが下降気味のようで、ここ2~3日何もやる気が起きなくて
「よし!何かをやるぞ!」とか「何かをやりたい!」というエネルギーが
全然湧いてこないんです。

今月に入ってから「自分自身」について考えることが多くなりました。
  「自分はどういう人間なんだろう?」
  「自分はこれからどういう人生を送りたいんだろう?」
  「自分のことを好きになるにはどうしたらいいんだろう?」・・・等々。
でも、考えれば考えるほどわからなくなってしまって、完全にドツボにはまった感じです。

で、夏休みの後半はこんな本を繰り返し読んでいました。
「ブッタとシッタカブッタ」シリーズ

ブッタとシッタカブッタ (心の運転マニュアル本)ブッタとシッタカブッタ (心の運転マニュアル本)
(1993/01)
小泉 吉宏

商品詳細を見る

ブッタとシッタカブッタ〈2〉そのまんまでいいよブッタとシッタカブッタ〈2〉そのまんまでいいよ
(2003/05)
小泉 吉宏

商品詳細を見る

ブッタとシッタカブッタ〈3〉なぁんでもないよブッタとシッタカブッタ〈3〉なぁんでもないよ
(2003/05)
小泉 吉宏

商品詳細を見る

まぁ、簡単に言うと「地位とかお金とか容姿とか国籍とか性別とか・・・
そういったすべての肩書きを取った『そのまんまの自分』を見つけよう」といった
内容の本です。随分前に買って本棚にしまい込んでいたのを引っ張り出してきて
読んでいますが、答えは見つかったような見つからないような・・・。

これらの本を読んで思い出したのですが、先日、映画を見に行って大泣きした時、
その後の飲み会でお世話になっている方にこう言われたんです。

  「この子は行動するより前に頭で考えちゃうタイプだよね。」

そう言われて「確かにそうかも・・・。」とハッとさせられました。
それからいろいろ考えたのですが、確かに行動する前にあれやこれやと考えて
それを言い訳にして行動しないことが多いなぁ・・・と改めて気付いたんです。
「ブッタとシッタカブッタ」の本にも「無心でその中に落ち着く」と書かれていました。
考える前に無心で行動を起こせるようになれば、少しは私の気持ちも穏やかに
なるのかなぁ?・・・ってこういう考えも「考えている」ってことになるんですよね?

あぁ~っ!頭がどんどん混乱してくるぅ~っ!
こういう時は1回頭をリセットしてぼ~っとするのも1つの案かもしれませんね。
今日は何も考えずにもう寝ます。おやすみなさい。。。o( _ _ )o...zzzzzZZ

「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!
 「東京ローカルページ」にも記事を掲載しています。
   よろしければこちらもチェックしてみてくださいね!

tag : ブッタとシッタカブッタ

戦争について考えてみる
明日は64回目の終戦記念日です。
そんなこともあってか、今週は終戦記念の特番を放送している局が多かったですね。
今日は「金曜ロードショー」で「火垂るの墓」をやっていました。
この映画は毎年終戦記念日の時期になると必ずと言っていいほど放送されていますね。
でも、「悲しいお話だ」ということは見る前からわかっているので
なんとなく見るのを敬遠していたのですが(途中途中は見たことあるんですけど)
今回初めて最初から最後まで見てみました。

火垂るの墓 完全保存版 [DVD]火垂るの墓 完全保存版 [DVD]
(2008/08/06)
不明

商品詳細を見る

やっぱり節子ちゃんが栄養失調で衰弱して亡くなってしまうのは
とっても悲しい場面なのですが、今回の私の見方はいつもとは違いました。
いつもだったら「あの兄妹はかわいそう・・・。」だけで終わってたと思うんですけどね。。。

全部を見終わって私が感じたことは「もっと○○だったら・・・。」という思いでした。
もっと兄の清太くんが人当たりのいい子だったら、身を寄せた家のおばさんとも
うまくやれていたかもしれない。
もっとおばさんが2人のことを親身に考えてくれていたら、
2人だって態度が変わっていたかもしれない。
もっと清太くんが世の中のことをわかっていたら、「兄妹2人で暮らす」なんて
甘い考えは持たなかったかもしれない。
もっと周囲の人々が幼い2人に暖かい手を差し伸べていたら、節子ちゃんは
亡くならないですんだかもしれない・・・。

でも、自分のことだけで精一杯で他人のことなど考えられなくなるのが
「戦争」というものなのかもしれない・・・とも思いました。
だから、「火垂るの墓」に出てくる登場人物はすべてが戦争の「被害者」であり、
また節子ちゃんを殺した(←あえてこの言葉を使います。)「加害者」なのかもしれません。

じゃあ、戦後64年が過ぎた今の日本は・・・?
戦争こそありませんが、人々の心は戦時中とあまり変わっていないような
気がするのは私だけでしょうか?
もしも今、戦争が起こって、自分の生活を守るだけで精一杯な状態になったら
果たして他人を思いやる気持ちが持てるだろうか・・・?
私はあまり自信がありません。でも、できるかどうかわからないけれど
「他人を思いやる」気持ちだけはいつどんな時代になっても忘れないようにしたいです。

戦後64年の今年、久しぶりに改めて「戦争」について考えてみました。
普段、なかなか「戦争」について考えることはないかもしれませんが、
「考える」ことが世界中の戦争をなくす第1歩になると私は考えます。
みなさんもほんの少しだけでも「戦争」について考えてみてはいかがでしょうか?

「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!
 「東京ローカルページ」にも記事を掲載しています。
   よろしければこちらもチェックしてみてくださいね!

tag : 戦争 終戦記念日 火垂るの墓

「自分磨き」のチャンス!
すみません。今日は自分の気持ちを整理するために書きます。

続きを読む

tag : 羞恥心 つるの剛士 野久保直樹 上地雄輔

CO2±0(ゼロ)のくらし

現在、「地球温暖化」が大きな社会問題になっていますが、
みなさんは日頃何か「エコ」について考えたり、行動したりしていますか?
私の場合、会社では印刷をする時はなるべく裏紙を使ったり、お昼休みに消灯したり、
お手洗いのペーパータオルをジェットタオルに替えたりなど、「エコ」についての
取り組みが進んでいますが、家では資源ごみの分別や電気をこまめに消すといった
簡単なことしかやっていないのが現状です。(T_T)

今回、「プレスブログ」でCO2±0のくらしというパナソニックからの
エコについての提案が紹介されていました。

   家電製品を省エネ製品に替える
   家電製品をネットワークでつないで消費電力を集中管理
   断熱効果の高い壁や床で家まるごと省エネ効果を高める
   太陽光発電や燃料電池で、家庭で使う電気は創エネ・畜エネ

この4つの提案を行うことで、1990年のCO2排出量を100とした場合、
今から3~5年後の201X年には家庭の電気使用量におけるCO2排出量を
プラスマイナスゼロにすることが可能になるそうです。

実は、我が家は「太陽光発電」を設置しています。
・・・というか、今の家を中古で買った時に既に設置済みだったんですけどね。
余った電気は電力会社が買い取ってくれるので、夏場は使った電気と余った電気で
プラマイゼロになって、ほとんど電気代がかかりません。
それから、ダンナ様はクーラーが苦手なので、夏は窓を開けておくか
扇風機で乗り切っています。
家の周りに緑が多く、風の通りも良いので、夏でも家の中は耐えられない
暑さにはならないんです。

最近では「省エネ家電」が電気屋さんにたくさん並んでいますよね。
1990年の家電と比べると、今の家電は約半分のCO2排出量ということを知って
正直すごいびっくりしました。
我が家の家電製品はほとんどが結婚した時に買い揃えたものなので
全然「省エネ家電」じゃないんだろうなぁ・・・。
今月から政府の「エコポイント制度」も始まったことですし、今が買い替えなのかしらん?
ちなみに、私が今一番欲しい家電製品は「テレビ」と「洗濯乾燥機」です。

でも、「省エネ家電に買い替える」にしても、「太陽光発電を設置する」にしても、
「エコな暮らし」をするためには結局 がかかるんですよねぇ・・・。
私達自身もエコアイディアを出し合ったりして、普段から「エコ」を心がけることも
大事ですが、国や自治体をあげて「エコ」のために各家庭に補助を出すとかして
いただけるとありがたいですね。

 パナソニックのスペシャルWEBサイト 「CO2±0のくらし
   「へ~」と思える「エコ」についての提案が紹介されています。
   ぜひご覧になって、「エコ」について少し考えてみてはいかがでしょうか?

tag : 地球温暖化 エコ パナソニック CO2±0のくらし

「治験ボランティア」で社会貢献
みなさんは「治験」という言葉をご存知ですか?
「治験」とは新しい薬が開発される時に、その薬の効き目や安全性を確かめる為に
その病気の症状を持つ人、または健康な人に実際に投与して行う
臨床試験のことを言います。
そして、この臨床試験を受ける人は「治験ボランティア」と呼ばれています。

今回、「インクロム」(正式名称・(株)国際医薬品臨床開発研究所)という
治験をサポートしている会社のHPを見る機会がありました。
こちらの会社では主に糖尿病や高血圧症などの薬の治験のサポートを
行っているそうです。

「治験」という言葉はテレビや雑誌で紹介されているのを見たことがあります。
でも、詳しいことはよく知りませんでしたし、どのように効くかわからない薬を試すのは
人体実験みたいでちょっと怖いな~というイメージを持っていました。

「インクロム」のHPにあった「治験」についての説明の動画を見て
新しい薬を開発するのに10年以上の年月がかかっているということ、
そして、その開発段階で「治験」を行うことは非常に重要なことを初めて知りました。
「治験」を行わないと厚生労働省から新薬の販売の認可を受けられないんですって。

「治験」についての説明の動画の一部です。
(動画の続きは「インクロム」のHPをご覧ください。)


「治験」を受ける際には、まず「治験ボランティア」の登録をして
治験や薬についてきちんと理解をするために「ボランティア登録説明会」に参加します。


「治験ボランティア」の登録が終わると、治験によっては健康診断を受けます。
そして、治験を受ける前には「治験説明会」で治験の方法や使用する薬について
詳しく説明があります。


ここで疑問点や不安に思っていることについて自分が納得するまで
説明を受けることができ、また、家族や友達に相談することもできるそうです。
そして、自分が治験について十分理解した上で、参加・不参加を決めます。
(このように十分な説明を受けた上で同意することを「インフォームド・コンセント」と
言います。最近では普通の診療でも行われています。)
もちろん、ここで取りやめることも可能ですし、治験を受け始めてからでも
いつでも取りやめることができるそうです。

私が「治験」について1番不安だったのは「治験は安全なのか?」ということ。
これについてはGCPという厚生労働省の省令があり、治験を安全に実施するための
ガイドラインが法令できちんと定められているそうです。
また、薬の副作用についても事前にその治験で起こりうる全ての副作用について
詳しく説明してもらえるし、万が一副作用が起きた時は担当医師や医療スタッフが
24時間体制で検査と適切な処置を行うそうなので、安心して治験を受けられる体制に
なっているようです。

「治験」が新しい薬の開発に必要不可欠だということを知って
「治験ボランティア」も世の中に貢献できるボランティアの1つなんだなぁ・・・と
思いました。こういった社会貢献もあるんですね。
ただ、「治験」は何回も病院に通ったり、何日間か入院しなくてはならず
時間的制約があるので、仕事を持っている私にはなかなか参加できないかも・・・。
でも、もしも機会があったらぜひ参加してみたいです。

 「インクロム」のHPはこちらです。 http://www.196189.com/

tag : インクロム 治験 治験ボランティア

ど~も納得いかんっ!
このブログをご覧になっているみなさん、ご心配をおかけしております。。。(^^ゞ
今日、かかりつけの病院に行って診察をしてもらいました。
先生曰く・・・

  「のどが少し赤くただれていますね。ただの風邪でしょう。」

とのこと。でも、やっぱり「新型インフルエンザ」のこともあってか、
「ご家族で風邪をひいていた人がいますか?」とか「ご近所とか職場で
風邪をもらったという記憶はありますか?」といろいろ質問されましたよ。
あ~、「新型インフルエンザ」じゃなくてよかった!
お薬を処方してもらって、お陰様で今は熱も下がってだいぶ回復してきました。
あとはのどの痛みと鼻づまりが治れば大丈夫だと思います。

ところで。
今日、病院で診察を待っている間にちょっとカチンときたことがありました。

その病院の待合室は部屋の壁沿いにソファーが並んでいるんですが、
私が行った時にはまあまあ混んでいて、誰かが来たら詰めれば座れる程度の
間隔で患者さんが座っていました。
私も空いていた席で診察を待っていると、診察が終わった年配の女性が
待合室に戻ってきて私の隣りに座りました。
その女性は荷物をたくさん持っていて、座った席のスペースではちょっと
狭そうだったので、私は特に何も言わずに席を少しずれました。
すると、その女性は「ずれて当たり前」みたいな顔で空いたスペースに荷物を置きました。
その後、その女性の反対隣りに座っていた中年の女性も少し席をずらしたのですが、
その女性には「どうもすみませ~ん」とお礼を言っていたんです!

「ちょっと!それってど~なのよっ!」って思いませんか?
別にお礼を言ってもらいたい訳じゃないんです。
でも、「若い人は年寄りに優しくして当たり前」みたいな態度が
なんか納得いかないんです。
「ありがとう」と言葉にしなくても軽くお辞儀をするとか、少しでも感謝の気持ちが伝われば
こちらも気分よく対応できるのに、「席をずれて当たり前」みたいな顔をされたら
「なんだコイツ!」という気分にもなります。

よく年配の方が「最近の若い人は年寄りが立っていても席を譲らない」と
ボヤいているテレビを見たりしますが、若い人が「譲りたくない」と思う気持ちも
今日の出来事ですごくよく理解できました。
私も毎日電車で通勤している人間ですが、私の前に立っている人が年配の方でも
足腰がしっかりしているな・・・と見える人には席を譲りません。
(よっぽど足元がおぼつかくて、腰が曲がっているようなお年寄りには席を譲りますが。)
今の時代、会社で働いている若い人の方がお年寄りよりもず~っと疲れている!!
・・・と私は思います。

「ありがとう」という感謝の気持ちはいくつになっても忘れてはいけない!
このことはこれからも強く心の中に刻み込んでおこうと思います。

それから、病院でもう1つ思ったこと。

  お年寄りの医療費って安すぎない?

私は5分くらいの問診で診療代¥1000ちょっと。
同じくらいの時間の診療でも、お年寄りの方の診療代は¥100~¥300くらい。
私なんか病院に行くのなんて年に1~2回ぐらいしかないのに・・・。
ただでさえ国民健康保険は赤字で、今バリバリ働いている若い人がその分を
補っているのに、もう少しお年寄りの方にも医療費の負担があってもいいと
思うんだけどなぁ・・・。
どーせ私達が60歳の頃には、もっと医療費も健康保険料も上がっていて、
そのくせ年金はほとんどもらえないんだろーし。。。
今の世の中、お年寄りの方が若い世代よりずっと恵まれていると思うのは私だけ??

「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!
 「東京ローカルページ」にも記事を掲載しています。
   よろしければこちらもチェックしてみてくださいね!

tag : 新型インフルエンザ 国民健康保険

不謹慎だけど気持ちはわかる・・・
この間の木曜日、具合が悪くて会社をお休みした日。
家でネットサーフィンをしていたら、こんな動画を見つけました。



「死にたい」という言葉を軽々しく扱うのはいささか不謹慎のような気もしますが、
妙に人間の真理をついた歌だなぁ・・・と感心して見てしまいました。

このところ調子が悪くて、「死んだら楽だろうなぁ・・・。」と思ったことも正直あります。
人間、生きているうちにきっと何回かは「死にたい」と思うことがあると思います。
でも、いざ本当に死ぬことを考えようとすると、怖くなったり、周りの迷惑を考えたりして
結局できないんですよね。
最後の「でも、本当は死にたくない」という歌詞に全てが表されているように思います。

それから、同じシリーズでこんな動画もあったのですが、
これも妙に共感できました。なんか私のことを言われているみたいで耳が痛かった・・・。



5月に入ってからかなり精神的に参っていたので、
こんなネガティブな歌でも「そうだよな~」と思ってしまう自分がいました。
でも、今はだいぶ立ち直ってきて、かなり前向きに考えられるようになってきました。
心配してくださったみなさん、本当にご心配をおかけしました。m(_ _)m

おまけで、同じシリーズでこんな動画もあります。
「無理だ無理無理だ無理だ」のフレーズが最近けっこう気に入っています。
そうやって歌っているとかなり気が楽になって、逆に前向きになれました。



「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!
 「東京ローカルページ」にも記事を掲載しています。
   よろしければこちらもチェックしてみてくださいね!

言葉は武器になる
野久保くんのブログに続いて、つるのさんのブログでも一部の人の心ない行動で
昨日からコメントの受付ができなくなってしまいました。20090515004742.gif20090515004758.gif20090515004520.gif
きっとファンのみなさんも、そして、つるのさんや野久保くん本人も
悲しい・くやしい・ムカツク・・・いろいろな想いで心を痛めていることと思います。
私もつるのさんや野久保くん、そして、つらい想いをしているファンの気持ちを思うと
すごく切なくて胸が痛みます。

私も「ブログ」の世界の人間になって1年以上が経過しますが、
インターネットの世界では「言葉が武器になる」ということを痛感しています。
しかも、ブログを書いている本人は読んでくださる人を傷つける意思が全くなくても
知らず知らずのうちに相手を傷つけてしまうこともあります。

もしも、相手が目の前にいたら絶対に言えないような辛辣な言葉も
顔も見えない、名前もわからないインターネットの世界では簡単に言えてしまうんです。
そういった人間の「裏」の部分を知ってしまうと、だんだんと人間が
信じられなくなるように思います。
「あ~、もしかしたらこの人も裏では何を言ってるかわかんないよな~。」って・・・。
私の最近の心のモヤモヤの原因の1つはこれです。

逆に、コメントをくれる人が筆者に「注意」や「反対意見」の意味で送った言葉が
筆者の受け取り方によっては「誹謗中傷」と捉えてしまうこともあります。
やっぱり誰だって「批判」のコメントを見れば、多少は傷つきますよね?
だから、相手にとって厳しい内容のコメントを送る時は
慎重に言葉を選ぶ必要があると思います。

そして、私のような「一般人のブログ」と違って、「芸能人のブログ」は
本当に毎日たくさんの人が見て、たくさんの人がコメントを寄せます。
基本的にコメントを寄せる人はその芸能人のファンなので、好意的なコメントが
多いのですが、それを不快に思うファンもいるかもしれません。

例えば、地方に住んでいてなかなか「憧れの人」に会えないファン。
「憧れの人」を好きすぎて独占欲に駆られているファン。
好きなのに自分の気持ちをうまく伝えることができないファン。
「私はこんなに会いたいのに!」「私はこんなにあの人のことが好きなのに!」
自分の願望がなかなか叶わないと、それがだんだんフラストレーションになって
同じ人を好きなファンに対していらだちや不快感を持つようになるんだと思います。
(もちろん、そんな人ばかりではないことは十分知っています。
でも、一時期私がこのような状態に陥ったので、経験談としてお話ししています。)
そして、その反動で心ないコメントを送ってしまうこともあると思います。
「好き」という感情はあまり他人に見せるものではないのかもしれません。

今回の一件で心が傷ついている人もいると思います。
醜い気持ちに支配されて怒りが収まらず、そんな自分に対して嫌気が
さしている人もいると思います。
私もそんなみなさんの気持ちはものすごく理解できます。

でも、あまり自分をいじめないでください。
怒り・悲しみ・不安・いらだち・嫉妬・羨み・・・すべて「自分」の感情なんです。
醜い気持ちに支配されてもいいじゃありませんか。
ただ、その感情を他の人にぶつけなければ大丈夫です。
今はつらいかもしれませんが、醜い感情は時間が経つにつれ消えていきます。
だから、深呼吸して、気持ちを落ち着けて、ゆったりとした気持ちでいきましょう。

えらそうな文章でごめんなさい。m(_ _)m
ただ、「自分への戒め」の意味も込めて書いてみました。

「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!
 「東京ローカルページ」にも記事を掲載しています。
   よろしければこちらもチェックしてみてくださいね!

tag : ブログ

「独りであること、未熟であること」
今日、ふと思うところがあって、大学生の頃よく読んでいた本を取り出してきました。
それがこの高野悦子さんの「二十歳の原点序章」です。
二十歳の原点序章

大学2年生・・・私がちょうど二十歳の時、片想いだったクラブの先輩に
悩み事を相談した時に「たかぽんもこの本を読んでみたらいいよ」と薦められた本です。
(この頃から私のあだ名は「たかぽん」でした。)

この本の著者、高野悦子さんは当時立命館大学史学科の3回生で、
1969年(昭和44年)6月24日未明、鉄道自殺で20歳という短い人生を閉じられました。
1971年(昭和46年←私が生まれた年)、彼女が自殺する直前まで書かれていた
日記が「二十歳の原点」というタイトルで出版され、その後、大学受験から20歳に
なるまでの日記 「二十歳の原点序章」、中学生から高校生の間に書かれた日記
「二十歳の原点ノート」が出版されました。

私は大学生の時に3冊とも読みましたが、私が今まで読んだ本の中で
私の人生に1番影響力のあった本だと思っています。

 独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である。

この言葉は私の「座右の銘」とも言える言葉です。

この本は高野さんの日記がそのままの形で著されています。
「己を律せよ!」と自分にとても厳しかった高野さん。
「大学生」という自由な環境で、歴史、社会、自然など、あらゆるものを吸収しようとする反面、
自分を律しようとしながらも怠惰な学生生活を送ってしまう自分に落胆したり戒めたり・・・。
「二十歳の原点」では昭和40年代の学生闘争の話も絡んでくるので
内容の重さに読んでいて「私ってなんて未熟なんだろう・・・。」と落ち込むこともありました。

「二十歳の原点序章」には高野さんが書いた私の好きな詩があります。

    話の中心でありたい
   行動の中心でありたい
   みんなよりも優れた存在でありたい
   みんなからほめそやされたい
   私は十九歳!
   気が小さくて臆病ものの私は
   ジンセイケイケンがタリナカッタのかしら
   卑屈になって優越感を感じ
   皮肉でもって相手を見下し
   にせのほほえみをなげかけ
   <偽善者め!>
   世界の中心にいるんだという
   十九歳のムジャキサを持ち・・・

               高野悦子 著 「二十歳の原点序章」より


今日、ふと「私が今悩んでいる諸々は、心の根本にこの詩が根付いているからでは?」と
思ったので、久しぶりに本棚から取り出して読み直しているところです。

【今日、国語辞典で調べた言葉】
  「純粋」 → その人の考え方や行動の中に、利害打算などを少しも意識していない様子
  「偽善」 → うわべを飾って、心や行いが正しいように見せかけること

私は年齢を重ねるごとに心が醜くなっているような気がします。。。

tag : 高野悦子 二十歳の原点

「いいひと」だって人間だっ!
今日のニュースは「SMAPの草剛さん逮捕」の話題で持ちきりでしたね~。
酔っ払って夜中に公園で全裸になって騒いでいたんだとか。
私も昨日インターネットのニュースでこの事件を知った時はびっくりしました。
Yahoo!のニュースに「草容疑者」と書かれていて、最初見た時、
SMAPの草くんだとは気がつかなかったぐらいですもん。

でも、今回のニュースを聞いて、
「あ~、きっと草くん、ストレスがたまってたんだろうなぁ・・・。」と
思わずにはいられませんでした。
私の中ではSMAPの中で中居くん、キムタク、慎吾ちゃんは比較的自由に
行動や発言をしているイメージがあって、吾郎ちゃんと草くんは真面目で
あまり自分を表に出さないイメージだったんです。

ニュースの街頭インタビューでも「あんな『いいひと』なのに・・・。」という声が
よく聞かれましたが、「いいひと」ほど本当の自分を表に出せないんだと思うんです。
本当は羽目を外したりバカなことをやったりしたいんだけど、
「いいひと」という周囲から押し付けられたイメージに縛られて
いつの間にか「いいひと」を演じるようになってたんじゃないかな・・・と思います。
それがだんだんプレッシャーになって、ストレスを感じるようになってたとしたら
きっとつらかっただろうなぁ・・・。

夜中に騒いで近隣に迷惑をかけたことはやはりいけないことだと思いますが、
芸能人だって人間。時には羽目を外したくなることだってありますよね?
お酒を飲む人なら誰だって1度や2度は酔っ払って失敗することありますよ。
私だって電車で寝ちゃって降りる駅を乗り過ごしたり、
大学生の頃は終点の駅に着いたことに気付かず、反対方向の電車に
乗ってたこともありました。男の友達なんかよく脱いでましたし・・・。

ただ、「芸能人」という立場上、騒ぎが大きくなってしまっただけなんですよね?
草くんには少しゆっくりと休んで、また元気な姿を見せてもらいたいと思います。

それと、鳩山総務相の「最低な人間」発言はちょっと言い過ぎだと思うなぁ。

「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!「東京ローカルページ」でこの記事をチェック!
 「東京ローカルページ」にも記事を掲載しています。
   よろしければこちらもチェックしてみてくださいね!

tag : SMAP 草剛

突然の広告
先週の中頃だったでしょうか?ブログの記事内に突然「スポンサーサイト」と
書かれた広告が表示されるようになっていました。

  「あれっ?私、こんなところに広告入れるようにしたっけなぁ?」

確かに私もブログライターやモニターでアフィリエイトをやっていますが、
大々的に、しかも記事内に広告を表示させる設定を自分ではした記憶がありませんでした。
広告の表示がちょっと大きくて目立ちすぎたので消したいと思ったのですが、
登録したアフィリエイトサイトを調べてみても、そのようなことは特に書いておらず・・・。

「困ったなぁ・・・。」と思ってインターネットで「FC2」「広告」というキーワードで
調べてみたら、FC2のお知らせのページに
「アカマイの高速コンテンツ配信システム導入と広告表示について」という
記事が掲載されていました。

「アカマイ」とはブログや管理画面が高速で表示されるシステムのことだそうで
このシステムの導入によりコストがかかる為、広告を表示させるとのことでした。
広告の外し方も紹介されていたので、私は非表示にさせていただきました。

 FC2の広告の外し方はこちらで紹介されています。
   http://blog.fc2.com/info/blog-entry-355.html

広告を非表示にすると高速化のサービスは受けられなくなるようですが、
1度非表示にして試してみたところ、以前とそんなに変わりはないように感じました。
(画像のアップロードがちょっと遅いかなぁ・・・程度です。)

この一件でFC2ユーザーの皆さんも(私も含めて)かなり混乱したようで
FC2の総合インフォメーションの記事には抗議のコメントが多数寄せられていました。
確かに「お知らせ」のページをちゃんとチェックしていなかった私も悪いですが、
このような大事な事項はすべてのユーザーにメールなどできちんと
通達していただきたかったです。
(たぶんほとんどのユーザーが滅多に「お知らせ」のページを覗かないと思います。)

それに、このことが発表されたのが広告表示開始の2日前というのも問題で、
せめて1週間前とかに発表されていれば少しは混乱が避けられたのではないでしょうか?

確かにブログ運営会社もボランティアではないので、
どこかで収入を得なければやっていけない・・・というのは理解できます。
私もFC2には1年以上お世話になっていますし、日に日にサービスも良くなっていると
思っているので、できれば協力したいと思っています。

ただ、いかんせん広告が目立ちすぎるし、記事内に表示されるのは
いかにも「広告を出してます!」みたいな感じで嫌な感じがしたんですよね~。
せめてサイドバーとかフッターに表示できるようにしていただければ
私でも協力できるんですけどいかがでしょうか?

今回の一件は「通知の徹底不足」と「突然の通知」が混乱を招いた原因の
全てのような気がします。
「広告を出さなければいけない理由」をユーザーにきちんと説明していれば
主旨に納得して広告を出してくれる人は少なからずいたはずです。

・・・う~ん、これって自分の仕事にも通じる部分があるなぁ。
「人のふり見て我がふり直せ」ですよね?私も気をつけよ~っと。

tag : FC2 広告

目撃!隣りのモンスターペアレント
今年に入ってからダンナ様がよく朝になると「頭が痛い」と言うので
昨日、近所の脳神経外科の病院に行って検査をしてもらいました。
初診でしたがすぐMRIで検査をしてもらい、特に異常は見つからなかったので
とりあえず一安心です。

私もダンナ様の付き添いで一緒に病院に行きました。
ダンナ様が診察を受けている間、待合室で待っていると
幼稚園ぐらいの男の子を連れたお母さんが病院にやってきました。

「脳神経外科」ってあまり小さい子が来る所ではないですよね?
だから、最初は「お母さんが受診するのかなぁ?」と思って
ちょっと気になって様子を見ていたんです。

その親子は私の側の椅子に荷物を置いて場所を取り、
子供に「どこが痛いの?どこかしびれてるんでしょ?ちゃんと説明して!」と
けっこう大きな声で話していました。
ただでさえ病院の待合室はそれほど広くなく、普通の声でもかなり響くので
親子の会話はほとんど筒抜け状態。
どうやら聞こえた話によると、その男の子が幼稚園で友達に頭を叩かれて
「頭がジンジンする」と訴えたようで病院に診察に来た・・・といった感じでした。

その子も初診だったらしく、お母さんが問診票を記入し終わると
「ここ、結構待つのかなぁ?どれくらい待つか聞いてくるから。」と言って
受付にどれくらい待つか聞いていました。
そのやり取りもお母さんの声が大きいので聞こえてしまったのですが・・・

  「どれくらい待ちます?20~30分かかるようなら
    子供が待てないので家に帰りたいんですが。」
 
  「今日は先生が4人で診ているんですが、患者さんによって
    診察の時間が異なるので、20~30分経ったら呼ばれるという確約は
    できないんですが・・・。」


すると、今度は玄関で遊んでいる子供に向かって大声で

  「ねぇ。20~30分待つみたいだけど待てる?」

・・・子供にムチャ振りです。
オイ!「子供が待てない」からどれくらい待つか聞きに行ったんじゃないの!?
それに、病院ってある程度待たされるのはわかってることジャン!
親だったら自分の子供を静かに待たせるとか、子供が我慢できないなら
病院の外で遊ばせるとかできるんじゃないの!?
・・・その母親の態度を見て、こっちがイライラしてきました。

その後も母親の子供に対する尋問は続きます。しかも大声で。

  「頭叩かれて、他の子は何も言わないの!?」
  「○○ちゃんは叩かれたの?」
  「頭を叩かれたらなんでやり返さないの!?」
  「そんなに頭叩かれたらバカになっちゃうのよ!」

あ~あ・・・そんな矢継ぎ早に聞いてたら子供だって言いたいこと
言えなくなっちゃうのに・・・。
(その前に、ここ病院だよ。そんなことは家で聞けばいいのに・・・。)
自分の子供を心配するのはわかるけど、誰かを叩いた、叩かないっていうのは
私が子供の頃はいくらでもあったし、親もそんないちいち子供の喧嘩に
関与したりしませんでした。

たぶんこのお母さんは自分の子供が「○○ちゃんが頭を叩いた」という
言葉だけを信用して、その時の状況を把握しないで、病院で何か異常が
見つかったら幼稚園やその子を叩いた親に文句を言うんだろうなぁ・・・。
これが世間で言う「モンスターペアレント」と呼ばれる親なんでしょうね~。
子供のことをとやかく言う前に、まず自分が今周りに迷惑をかけてるって
ことに気がついてないんです。

私のイライラがMAXに達しようとした時にダンナ様の診察が終わったので
さっさと会計を済ませて病院を後にしました。

「人間として成熟しないと子供は作ってはいけないし、育てられない。」
・・・私が「子供を作らない」理由がなんとなくわかったような気がしました。

「優しさ」って何だろう?
羞恥心「心」 今日は上地くんのデビューシングル 「ひまわり」の発売日。
・・・ですが、ワタクシ、まだ手に入れておりません。。。(T_T)
今月はかなりお財布がピンチでして、今日も本当は職場の飲み会があったのですが
今回は遠慮させてもらいました。
まぁ、予約は入れてあるので手に入らないことはないんですけどね。


ところで。

お昼休みに上地くんのブログを読みました。










・・・なんかすごく気分が落ち込みました・・・。

別に上地くんがテンションの下がるような記事を書いていた訳ではありません。
ただ素直に「感謝の気持ちをこめて『ひまわり』のCDを作ったということと
それを聴いてくれる私達ファンへの感謝の言葉が書いてあるだけなんです。

でも、あまりにも素直に正直にストレートに感謝の気持ちが書いてあるので
いざ自分自身を振り返ってみると、「あ~、ワタシ何やってるんだろ?」って
なんかふとそう思ったんです。

上地くんのように優しい気持ちで周りの人と接したいのに、
実際にはどうやって接したらいいのかわからなくて戸惑っている自分がいて。
頭の中では「ああしよう」「こうしよう」と思っているのになかなか行動に移せなくて。
人付き合いの上手な人を見て「いいなぁ・・・。」とうらやましく思って。
そんな自分にただただイライラして・・・。最近ずーっとこんな調子です。

そう言えば、先日、「嵐」の大野くんが主演のドラマ 「うたのおにいさん」で
こんな台詞がありました。

  「『優しい』って漢字、『人を憂う』って書くんだよね。」

「人を憂う」=「人を心配する」
・・・要するに「その人のことを気にかける」ということですよね。
でも、私には「他人を気にかける」方法が未だによくわからないんです。
ただその人のことを想っていればいいのかなぁ?
でも、想っているだけじゃ相手には伝わらないし・・・。

あ~あ、37歳にもなってこんなことで悩んでるなんて情けないなぁ・・・。

そう言えば、この間、紳助さんが司会を務める「深イイ話」で
司馬遼太郎さんが小学校の国語の教科書用に執筆した
「二十一世紀に生きる君たちへ」というエッセイを紹介していたのですが
その中にこんな一節がありました。

自然物としての人間は、決して孤立して生きられるようには
つくられていない。
このため、助けあうということが、人間にとって大きな道徳になっている。
助け合うという気持ちや行動のもとのもとはいたわりという感情である。
他人の痛みを感じることと言ってもいい。やさしさと言いかえてもいい。
「いたわり」
「他人の痛みを感じること」
「やさしさ」
みな似たような言葉である。
この三つの言葉は、もともと一つの根から出ているのである。
根といっても、本能ではない。
だから、私たちは訓練をしてそれを身につけねばならないのである。


私は子供の頃、「優しさ」を身につける訓練が足りなかったのかな?

tag : 羞恥心 上地雄輔 ひまわり 司馬遼太郎 二十一世紀を生きる君たちへ

地方って面白い!
ワタクシ、木曜日はほぼ毎週「秘密のケンミンSHOW」を見ています。
47都道府県ごとにその地方にしかない独特の食文化や習慣を紹介する番組なんですが
これが見ているととっても面白いんですよね~♪

私は生まれも育ちも東京で、両親も東京出身なので「田舎」というものがありません。
「帰省ラッシュ」というものも経験したことがありません。
だから、東京以外の県にある変わった風習などをみるとびっくりすることが多いのですが
その県の人達は決まって「その風習は全国区だ!」と思っているんですよね。
そこがまた面白かったりするんですけど。

でも、この番組を見ていると「地方って面白くっていいなぁ・・・。」と
思ってしまって、逆に東京がつまらない街に思えたりもします。
東京の隣りの県である神奈川県だって「横浜市民は『横浜市歌』を歌える」って
紹介されていたし、ダンナ様の出身地、埼玉県だって「『風が語りかけます』と
言うと『うまい!うますぎる』と返ってくる」と以前紹介されていました。
(テレビ埼玉でしかやっていない「十万石まんじゅう」のCMのフレーズなんだそうです。
もちろん、ダンナ様も同じ反応が返ってきました。)
その県民にしかわからない食文化や風習があるっていいですよね。

東京に37年間住んでいる私ですが、「これは東京にしかない!」
「これは東京都民しかわからない!」というものがあるか?・・・と聞かれたら
これがあんまり思い浮かばないんです。
逆を返すと東京には日本全国の人とモノが集まり過ぎちゃってるんですよね。

先日、大阪に行った時、「大阪ってあったかいなぁ」と感じたのは
きっと大阪独特の文化が今も街全体に根づいているのを肌で感じたからだと
思うんです。東京には東京独特の文化が消えつつあるような気がします。

これからは「これが東京だっ!!」と他の県の人に自慢できるものを
意識して探してみたいと思います。
私だって「東京が故郷でよかった!」って言えるようになりたいもん!

秘密のケンミンSHOW ホームページはこちらです。
   http://www.ytv.co.jp/kenmin_show/index_set.html

tag : 秘密のケンミンSHOW

見にきてくれた人


ブログランキング
遊びにきてくださってありがとう!
ハッピース!(^^)v な気持ちに
なったら1クリックしてください♪
もちろん、コメント・TBも大歓迎!
ご協力よろしくお願いしま~す!


 
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他日記ブログへ

blogram投票ボタン



カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
にゃんこ時計
プロフィール

たかぽん

Author:たかぽん
1971年11月12日生まれ。
さそり座のO型。
生まれも育ちも東京のOL主婦。
趣味はカラオケと食べ歩き。
「羞恥心」が大好き!

ダンナ様:
たかぽんより10歳年上。
おとめ座のO型。
知らないことはほとんどない!と
言えるほどの雑学王。
高山植物と路面電車が大好き!

みーちゃん:
我が家の箱入りにゃんこ(♀)。
21世紀最初のお正月に
自分から我が家にやってきた。
ダンナ様が大好きで、妻の座を
虎視眈々と狙っている。
ちくわとかつお節が大好き!

こんな2人(と1匹)が同じ屋根の
下でにぎやかに暮らしています。

「羞恥心」を応援しよう!
たかぽんイチオシ


Viva!Hallelujah Sisters!
たかぽんのお気に入りサイト

このブログをリンクに追加する
List Me! by BlogPeople

☆ このブログのバナーを
  作りました~♪
  リンクフリーですが、貼る前に
  ご一報頂けると嬉しいです。
  
  バナーの貼り付け方について   
最新の記事
最新のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-

-降水短時間予報-


ブログ通信簿
ブログ内検索
RSSフィード
みなさんにお願いm(_ _)m
ご訪問ありがとうございます。
こちらのブログは基本的にリンク
フリーですが、その旨をコメントに
残して下さると嬉しいです。
また、コメント・TB大歓迎!!
ですが、承認制を取らせて
頂いております。
ブログへの掲載が遅くなることが
ありますが、1日1回は必ず目を
通していますのでお待ち下さい。
また、なるべくコメントには
お返事を書くようにしています。
が、すぐにコメントのお返事が
できない場合がありますので
その際はご了承ください。
誹謗中傷、アダルトな内容等
不適切と思われるコメント・TBに
ついては削除させて頂きます。
ご協力、よろしくお願い致します。
お世話になってるサイト



ブログでブームはブロモーション



人気ブログ記事検索 ブログルポ





お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

マクロミルへ登録

アフィリエイト

ブログマイル:究極のお友だち紹介制度誕生

無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

口コミマーケティングをお考えならモニタープラザ

Vita 町田・相模原の生活応援ポータルサイト









ボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。